アルベール・モロー [1996] オールドヴィンテージ 古酒:20歳の成人式のお祝いにぴったり、誕生年、プレゼント用にもなる格安熟成飲み頃ブルゴーニュワインおすすめです

Albert Morot S-l-B-1996-headder


◆ [WA:89-91点] アルベール・モロ ボーヌ 1er Cru レ・トゥーサン [1996]
  参考税込価格 6,707 円・送料別


 Domaine Albert Morot BEAUNE 1er Cru LES TOUSSAINT
 生産地:フランス、ブルゴーニュ地方、コート・ド・ボーヌ
 品 種:ピノ・ノワール100%
 タイプ:赤、辛口、フルボディ
 味わい:ラズベリー、ストロベリー、赤スグリなど赤い果実の香りが心地よく、タンニンは滑らか、スムースな飲み心地、硬さも和らぎ、美味しく、しっとりとしたうまみを備えた味わい
 備 考:ブレッサンドの下、グレ―ヴとサン・ヴィーニュの間に位置するトゥーサン。 サン・ヴィーニュより傾斜の強い畑で日当たりと水はけに勝る。 オールドヴィンテージのため細かい澱があり、宅配到着後、 1〜2週間程冷暗所にワインを立てて置き、落ち着かせてからお飲み下さい。

Albert Morot BEAUNE 1er Cru LES TOUSSAINT





 R. パーカー氏主催のワインアドヴォケイト誌:1970〜2009年までのヴィンテージチャートを見ると、ブルゴーニュのコート・ド・ニュイ地区、コート・ド・ボーヌ地区の優良年、偉大な,グレート・ヴィンテージと呼ばれる年は、得点順に並べると、

 コート・ド・ニュイ地区:2005-98T, 2010-96E, 2009-95E, 2012-93E, 1990-93R, 2013-92E, 1999-92R, 2011-91E, 2003-91T, 2002-91R, 1995-90R, 2006-89I, 1997-89R, 1996-89T,・・・・
 コート・ド・ボーヌ地区:2005-96T, 2009-95E, 2010-94E, 1999-93R, 1990-92R, 2012-91E, 2011-90E, 2013-89E, 2008-89I, 2002-89R, 1996-89R, 2003-88T, 1997-88R, 1985-88C, 1976-88C, 1988-87C, 1971-87C, 1989-86C, 1978-86R, 1995-85R, ・・・・


 と、なります。
 アルベール・モロ( Albert Morot ) のワインは、熟成を経て、10年〜15年経過、優良年( 90点以上 )なら、さらに20〜25年経過してから蔵出しされたワインが、ちょうど飲み頃、おすすめとなります。



◆ [WA:87-89点]
 アルベール・モロ サヴィニー・レ・ボーヌ 1er Cru ラ・バタイエール オー・ヴェルジュレス [1996]
  参考税込価格 6,998 円・送料別


 Albert Morot Savigny les Beaune 1er Cru La Bataillere Aux Vergelesses Monopole
 生産地:フランス、ブゴーニュ地方、サヴィニー・レ・ボーヌ
 品 種:ピノ・ノワール100%
 タイプ:赤、辛口、フルボディ
 味わい:とても香り高く、ラズベリー、赤スグリのチャーミングなフレーヴァーがあり、繊細さと力強さを兼ね備えており、熟成能力があり、しかも手頃な傑出ワインです
 備 考:アルベール・モロのワインは、10年以上熟成させると、その秘めたる力を存分に発揮、多くのオールド・ヴィンテージ・ブルゴーニュファンを魅了するワインです。 ブルゴーニュの古酒だけが持つえも言えない華やかな熟成香、魚の出汁のような旨み成分ふんだんの滑らかなグリセリン、癒しを感じられる優しく、繊細なスタイルの味わいが特徴です。
  オー・ヴェルジュレスの中心に位置するアルベール・モロのモノポール畑 [1.8ha] 「 ラ・バタイエール 」 、以前は、石垣に囲まれており、 「 クロ・バタイエール 」 と呼ばれ、1855年にドクター・ラヴェル氏が、サヴィニーにおける最高の畑と記しています。 オールドヴィンテージのため細かい澱があり、宅配到着後、 1〜2週間程冷暗所にワインを立てて置き、落ち着かせてからお飲み下さい。

Albert Morot Savigny-les-Beaune LBaV1erC-1996





アルベール・モロ:Albert Morot
 1820年、ボーヌに創業。 創業以来、ショパン家による家族経営、ネゴシアンであり、また、葡萄畑の所有者でもあるアルベール・モロは、コート・ド・ボーヌの畑から古典的なワインを生産しています。 当初は、ネゴシアンとして創業していましたが、1910年から自社で瓶詰めを開始、1984年以降、ドメーヌに専業しています。 現在、ほぼ全て 1級畑の約 8haを所有し、そのほとんどが、葡萄樹齢約50年以上の古樹 Vieille Vigne ( ヴィエイユ・ヴィーニュ )。 サヴィニー・レ・ボーヌ 1級 ヴェルジュレスに モノポールの クロ・ド・ラ・バタイエール を所有する以外は、すべてボーヌの 1級畑。 トゥーロン、グレーヴ、トゥサン、ブレッサンド、サン・ヴィーニュ、 マルコネ 、そして、2001年に加わった エグロ と7つのクリマを所有します。

プルミエ・クリュ - 所有畑 [約 8ha]
 サヴィニー・レ・ボーヌ ラ・バタイエール・オー・ヴェルジュレス 1.81ha
 ボーヌ マルコネ 0.67ha
 ボーヌ ブレッサンド 1.27ha
 ボーヌ サン・ヴィーニュ 1.28ha
 ボーヌ トゥーサン 0.77ha
 ボーヌ グレーヴ 0.12ha
 ボーヌ トゥーロン 0.99ha
 ボーヌ エグロ・ルージュ 0.75ha
 ボーヌ エグロ・ブラン 0.25ha

 1990年代の前半、フランソワーズ・ショパン嬢が、厳しく収穫の間引きを行い、新樽比率を60%に増やし、再び、すべてのワインを清澄・濾過処理せずに瓶詰めするようになった結果、風味がよくて、果実分の多い、構造のしっかりした、熟成能力のある、しかも、手頃な価格のピノ・ノワール ドメーヌ(ネゴシアンとしての仕事はしていないが、ライセンスは持っています)の一つです。 甥のジョフロワ(・シャンヴリ)氏にドメーヌを譲渡し、今は、37歳のジョフロワ・ショパン氏が運営しています。 彼の初ヴィンテージは、2000年からと、世代交代したばかりです。 『 ル・クラスマン 』 2003年度、2004年度と連続で掲載され、その他にも 『ギィド・アシェット』、 『 ゴー・エ・ミヨー 』 など権威あるガイドブックでも常に高い評価を受けている生産者です。 畑は、 サヴィニー・レ・ボーヌ と、 ボーヌ プルミエ・クリュ に合計 8ha を所有しています。
 『 サヴィニー・レ・ボーヌ ラ・バタイエール・オー・ヴェルジュレス 』 は、アルベール・モロだけが持つモノポール( 単独所有畑 )です。
 「 葡萄の品質が、すべてを決める 」
 という考えの彼は、醸造よりも栽培を重視し、葡萄本来の味わいを最大限に表現するため清澄・フィルター処理は、行いません。

 「 ブルゴーニュ一帯の一流のワインが、あまりに高価なことにショックを受けているブルゴーニュの熱烈なファンや初心者は、この生産者のワインを探すべきである。 それらは、とても美味しくてしなやかなワインだが、構成がしっかりしていて力強い。 ピノ・ノワールという葡萄やそれぞれのテロワールのエレガントな特徴を表現していて、しかも素晴らしいお値打ち品である!
 私が最近味わった 二つの極上 1983年もの( ボーヌ・ブレッサンドボーヌ・サンヴィーニュ )が、証明したように、これらのワインは、若いうちでも飲めるが、かなりうまく熟成もする。
 ベスト・ワイン: ボーヌ・ブレッサンドボーヌ・サンヴィーニュボーヌ・レ・トゥーロンボーヌ・レ・トゥーサンサヴィニー・ヴェルジュレス ラ・バタイエール
 ── ロバート・パーカーJr.著 『 ワイン・バイヤーズ・ガイド 』 講談社 引用 ──

 『 ワイナート 』 36号の表紙を飾り、巻頭カラーでは、
 「 今になって分かり、今だからこそ知るべき、ボーヌワインの枯淡の調和 」
 「 ボーヌほど円満な味わいのブルゴーニュはない。 日照に優れ、温暖なミクロクリマを持つボーヌ。 畑の位置する3つの丘は、威圧も脅迫もせず、なだらかな斜度を保ってゆったりと広がり、太陽に照らされた葡萄は、欲望も恨みも持たず、心地よく腕を伸ばす。 見て心和らぎ、飲んでさらに安らぐ、ポジティブな癒しのワイン、ボーヌ。 」
 「 1990年ヴィンテージ を初めて飲んでから、好きなワインとして、 アルベール・モロ:Albert Morot の名を挙げ、同意してくれる人は、ひとりもいなかった。 しかし、私は、嘘はつけない。 あまりに素直に、あまりに切なく、心に染みてくるそのワインに対して、嘘などつけるはずもない。 」
 ── 『 ワイナート 』 36号より抜粋 ──

 今さら、言うのも何ですが、あるホテルのワインバーでおかわりまでして美味しくいただいたのが、アルベール・モローの確か、1993年以前のボーヌ ( サン・ヴィーニュ or トゥーロン or ブレッサンド ) でした。 とっても郷愁を誘う懐かしくも枯れた旨味、魚の出汁のような旨さと、葡萄本来の果実味が、一体となって森や土や野の花々を思い出すような風味、なにより、古酒独特の芳香に酔いしれます ── この価格帯の古酒ブルゴーニュワインでは、おそらく他にないでしょう。 ブルゴーニュ古酒の旨い安いワインを 1本選ぶとしたら、間違いなく、アルベール・モローが、まず、No.1 でしょう。



◆ [WA:86点] アルベール・モロ ボーヌ 1er Cru レ・サン・ヴィーニュ [1990]
  参考税込価格 8,618 円・送料別


 ALBERT MOROT BEAUNE 1ER CRU LES CENT VIGNES
 生産地:フランス、ブルゴーニュ、コード・ドール、コード・ド・ボーヌ、ボーヌ
 格 付:ボーヌ プルミエ・クリュ(1級畑)
 生産者:ドメーヌ・アルベール・モロ
 品 種:ピノ・ノワール100%
 タイプ:赤、辛口、ミディアムボディ
 備 考:格安美味しい古酒 No.1 の造り手です。
     サヴィニー・レ・ボーヌ 1級 ヴェルジュレスにモノポールの クロ・ド・ラ・バタイエール を所有する以外は、すべてボーヌの1級畑7つのクリマを所有{ トゥーロン、グレーヴ、トゥサン、ブレッサンド、サン・ヴィーニュ、マルコネ、そして2001年に加わったエーグロ }しています。 赤ワインの醸造は、完全除梗。 4、5日の低温マセレーションを経てアルコール発酵を行う。 以前は、木桶を使用していたが、2005年からステンレスタンクに変更、トータルで20日間のキュヴェゾン、その間、発酵の前半は、ピジャージュ実施、後半は、ルモンタージュ抽出。 その後、18ヶ月間樽熟成、以前は、50%の新樽率だったが、近年徐々に比率を落とし、2009年以降は、1/3 となっている。 瓶詰めまで澱引き無し。 これは、ワイン中の炭酸ガスで酸化を防ぎ、亜硫酸の添加を避けるため。 かつては、飲み頃になるまで年月を要する頑なな印象の強かったモロのワインが、ジョフロワ氏の時代になって、洗練度を身に付け、とくに2000年以降の出来は、磨きあげられており、ボーヌの 1級畑が、ズラリと揃うことから このアペラシオンの特徴を学ぶには、最適のドメーヌだろう。 ( 輸入元資料 - 抜粋 - )
  オールドヴィンテージのため細かい澱があり、宅配到着後、 1〜2週間程冷暗所にワインを立てて置き、落ち着かせてからお飲み下さい。

 Wine Advocate #84 (1992-12-11) 1990 Albert Morot Beaune les Cent Vignes
 WA:86点. Drink:1996-2010
 「 The 1990 Beaune-Les Cent Vignes displays an impressive deep ruby color, and a reticent but blossoming nose of sweet cherry fruit, toasty oak, and earth. Medium-bodied, with fine ripeness, good acidity, and noticeable tannin, this attractive, streamlined style of wine should be at its best between 1996-2010. Francoise Choppin bottled her 1990s relatively early, in November, 1991, and I have had the opportunity to taste through them twice. While they were impressive immediately after bottling, they have recently closed up. It should be noted that the Albert Morot red burgundies are among the most reasonably priced. 」

Albert Morot Beaune les Cent Vignes 1er Cru





アルベール・モロ ボーヌ プルミエ・クリュ トゥーサン [2005]
  参考税込価格 6,458 円・送料別


◆ [WA:92+点] アルベール・モロ ボーヌ プルミエ・クリュ トゥーサン [2009]
  参考税込価格 4,980 円・送料別


 ALBERT MOROT Beaune 1er Cru Toussaints
 生産地:フランス、ブルゴーニュ地方、コート・ド・ボーヌ
 品 種:ピノ・ノワール100%
 格 付:A.O.C. ボーヌ・プルミエ・クリュ 1er Cru (1級畑)
 タイプ:赤、辛口、フルボディ
 備 考: グレートヴィンテージ [2005] 年産 - アドヴォケイト誌ヴィンテージガイド [WA:96T]。
     2000年以降、WA ヴィンテージガイドの中でも最高得点の最優良収穫年です。 次いで、2009年 [WA:95E] が、優良グレートヴィンテージとつづきます。 かつては、飲み頃になるまで年月を要する頑なな印象の強かったモロのワインでしたが、ジョフロワ氏の時代以降、洗練度を格段に増し、特に近年の出来は、磨きが一層向上中、このトゥーサンは、ブレッサンドの下、グレ―ヴとサン・ヴィーニュの間に位置するため、サン・ヴィーニュより傾斜の強い畑で日当たりと水はけに勝り、ラズベリー、ストロベリー、赤スグリなど赤い果実の香りが心地よく、タンニンは滑らか、スムースな飲み心地です。 現在でも美味しいですが、長期熟成も可能なため、セラーをお持ちの方は、10〜20年後の熟成香と妙なる味わいを楽しめるよう、ケース買いがおすすめです。

 [2009] ヴィンテージ - ワインアドヴォケイト [WA:92+点] 
 eRobertParker.com #200 Apr 2012 Antonio Galloni 92+ 飲み頃:2014〜2024年
 「 The 2009 Beaune Toussaints is one of the sexiest, juiciest of these 2009s from Morot. Freshly cut flowers, raspberries, spices and licorice jump from the glass. The Toussaints boasts striking inner perfume and fabulous balance. With a little air the wine can be enjoyed today, but it would be a shame not to give this another 1-2 years in bottle to shed some of its tannins. Anticipated maturity: 2014-2024. 」

 [2009] ヴィンテージ - バーガウント・ドット・コム [burghound.com:91点] Outstanding
 Score:91point Tasted:Apr 01, 2012 Issue:46 Outstanding 飲み頃:2021+
 「 Tasting note: A beguiling and beautifully complex nose features black berry and red currant liqueur merges into rich, generous and opulent flavors that possess a touch of finishing asperity that presently offsets the mid-palate sweetness. There is excellent concentration and a high level of phenolic maturity to the structural elements and that should also amply reward mid-term cellaring. 」

 

ALBERT MOROT Beaune 1er Cru Toussaints - 20x





アルベール・モロ ボーヌ プルミエ・クリュ グレーヴ [2005]
  参考税込価格 6,998 円・送料別


 Albert MOROT Beaune Greves 1er Cru
 生産地:フランス、ブルゴーニュ地方、コート・ド・ボーヌ
 品 種:ピノ・ノワール100%
 格 付:A.O.C. ボーヌ・プルミエ・クリュ 1er Cru (1級畑)
 タイプ:赤、辛口、フルボディ
 備 考:ボーヌの中心に位置する 1級畑であり、ボーヌ最高の区画。 傾斜が強く、土壌は、酸化鉄を含んだ赤い粘土質。 リッチで厚みがあり、ストラクチャーのしっかりした赤ワインとなります。 モロが、この区画に所有するのは、0.12ha 。 年産 2樽のみ。

Albert MOROT Beaune Greves 1er Cru 2005





アルベール・モロ ボーヌ プルミエ・クリュ マルコネ [2005]
  参考税込価格 7,300 円・送料別


◆ [WA:90点]アルベール・モロ ボーヌ プルミエ・クリュ マルコネ [2009]
  参考税込価格 4,298 円・送料別


 Albert MOROT Beaune Marconnets 1er Cru
 生産地:フランス、ブルゴーニュ地方、コート・ド・ボーヌ
 品 種:ピノ・ノワール100%
 平均樹齢:60年
 格 付:A.O.C. ボーヌ・プルミエ・クリュ 1er Cru (1級畑)
 面 積:0.67ha
 土 壌:粘土石灰質
 農 法:ビオロジック
 仕立て:ギュイヨ・サンプル
 密植度:1,000本
 収穫方法:手摘み
 年収穫量:30hl/ha
 使用酵母:天然酵母
 マロラクティック発酵:自発的にする
 発酵温度:最高32度
 発酵期間:20日間
 発酵樽タンク:温度調節式ステンレスタンク
 熟成期間:14ヶ月
 瓶詰め:フィルター無し
 平均年間生産量本数:2500本
 タイプ:赤、辛口、フルボディ
 備 考:ボーヌの北部の 1級畑で ベストと言われる「マルコネ」は、もっとも、サヴィニー側に位置し、ボーヌの1級畑の中では、とりわけ濃密で肉感的なワインと言われています。 サヴィニー・レ・ボーヌ の同名畑に隣接しますが、両者は高速道路で隔てられています。 底土は、石灰岩と泥灰岩が混ざっており、しっかりしたボディ と ミネラリーな余韻を伴う赤ワインです。

Albert Morot 1er Cru Marconnets 20x





▼ ここから過去記事です。



続きを読む >>

感動の領域超古酒、イタリアの甘口赤フルボディワイン 「 ソラリア・イオニカ 」 、1959年産、プリミテーヴォ100%、樹齢90年、熟成45年、3ツ星レストランでもオンリストです

SOLARIA JONICA-headder


◆ [WA:97点] アントニオ・フェッラーリ ソラリア・イオニカ [1959] 500ml
  参考税込価格 17,280 円・送料別

 Antonio Ferrari [1959] Solaria Jonica 500ML
 生産地:イタリア、プーリア州
 品 種:プリミテーヴォ100% 樹齢90年
 熟 成:45年{スロヴェニアン・オーク10年、コンクリートタンク35年}
 タイプ:赤、甘口、フルボディ
 備 考:55年熟成、記録的な猛暑に見舞われた1959年のプーリア。 厳しい収量制限の下、タラントの南フェッラーリ家の完熟プリミティーヴォは、樹になったまま乾燥し完熟していた、いわば『 天然の干し葡萄 』化。 潜在アルコール度は、21%。 神のいたずらかアルコール度数14%で発酵が止まったため、恐ろしいまでの凝縮感と、気が遠くなるほど甘美な果実を秘めたまま、スロヴェニアン・オークと栗の木の樽で10年、コンクリートタンクで、35年という熟成を経てリリース。 緻密な凝縮感と、言葉を失うほど長い余韻は、もはや感動の領域、アラン・デュカスが、モナコで手掛ける3ツ星レストラン 『 ルイ・キャーンズ 』 等、限られた場所でしか供されていない秘蔵の古酒です。 自然と時間のみが成し得たこの奇跡。 レチョート・デッラ・ヴァルポリチェッラ の香りが広がり、飲み口に ヴィンサント 特有の熟成香のニュアンスも感じる不思議なワインです。 到底半世紀前に造られた物とは思えない、まだまだ、ピークを迎えていない若々しさ・・・・・。
 生産年は、 「 1959年 」 ですから、既に半世紀は、過ぎています。 宅配到着後は、最低でも 2週間は、立てて休ませてから抜栓してください。

 ワイナート誌 #20号 南イタリア特集( p.94 )、スペシャルティスティング 96点 ワイナートコメント、
 「 マルサラ 的な酸化風味があるが、ドライフラワー、干しイチジク、エスプレッソ、ダークチョコレートの、複雑で、勢いのある香り。 信じられないほど黒っぽ いインクのような色。 熟成してまろやかになっているのだが、高いアルコールに支えられ、そこ知れぬパワーがむくむくとわき上がり、長大な余韻まで悠然として続く・・・・ 」
 自然が生み出した奇跡のワインです。 


カンティーナ・フェッラーリ・アントニオ
 1936年、ピエモンテのガリーアーテ村に創立。 40年以上前のプーリアでは 質より量を造る時代の中、オーナーのフェッラーリ・アントニオ氏は、 葡萄を完熟させ収量を極端に落とし、 コンクリートタンクの中でゆっくり時間をかけて熟成させることにより最高品質のワインが出来ると信じていました。 そうして、出来上がったのが、
 「 ソラリア・イオニカ [1959] ANTONIO FERRARI SOLARIA JONICA ( 500ml ) 」
 樹齢90年を超えるプリミティーヴォ100%で醸されたワインです。 葡萄は、畑で完熟され、その後、アッパシメント( 陰干し ) され、醸造は、伝統的技法を使用。 オークと栗の木の大樽で10年間熟成後、コンクリート製タンクの中で、約30年間熟成された。 このワイン実は、コンクリートタンクに入ったまま、30年間忘れられていたワインだったそうです。 試飲してみると、オーナーのアントニオ・フェッラーリ氏の言葉通り素晴らしいワインとなっていた。 試飲したイタリアのトップソムリエ達も、「 ぜひともビン詰めして売ってほしい 」 と嘆願したそうです。 そして、2001年にビン詰め。 1959年は、この地域で一番の暑さを記録した年、タンクの中で忘れられていたワインは、太陽、植樹法、アルコール、時間が作った 二度と造ることのできない唯一無二のワインです。

 『 カンティーネ・アントニオ・フェッラーリの Web サイト 』
 「 力強い古木から、濃厚でクリームのような滑らかさのあるワインが仕上げられた。 刺激的で生き生きとした香り、マラガワインのような濃厚さ。 格別に凝縮感があり、大変甘く、発展的な味わいがある 」

 『 ワイナート誌 20号 』
 「 マルサラ的な酸化風味があるが、ドライフラワー、干しイチジク、エスプレッソ、ダークチョコレートの、複雑で、勢いのある香り。信じられない程、黒っぽいインクの様な色。 熟成してまろやかになっているのだが、高いアルコールにささえられ、底知れぬパワーがむくむくと湧き上がり、長大な余韻が、悠々と続く。 これが、現行品とはすごい。 プリミティーヴォ本来のポテンシャルを思い知らされるワイン - 飲み頃: NOW ( 96点 ) -
 ヴィンテージ表記が誤っているのではない。 これは、リリースされたばかりなのだ。 酒精強化を行うことで発酵を止めているのか、もしくは、最高に凝縮された葡萄果汁であるために自然と発酵が止まるのか分からないが、アルコール度数は、14%を保ち、素晴らしい甘口ワイン、レチョートと同じくらいの豊かな甘みがある。 それでいて、驚くほどフレッシュなルビー色をしており、ブラックベリーのジャム、レーズン、チョコレート、甘草の香りが特徴的で、口に含むと透き通ったサテンのような滑らかさ、そして、温かみと丸みを感じる。 鼻につくようなものはまったく何もなく、精細さと凝縮したフレーヴァーがある。 」


WINE-ADV-97p

 パーカーポイント ワインアドヴォケイト誌 #154 2004/08/31 WA:97点
 「 いいえ、このワインのビンテージは、エラーではありません。 ちょうど、リリースされて、それは、タラントで南から大きくなって、現在だけ市場でヒットしている古樹プリミティーヴォの選択です。 誰も発酵が、ワインにアルコールを加えて強くすることによって止められたかどうか、または、それが、ちょっと、必要なものの最高の豊かさの結果として、単独で止まったかどうかわかっていません、しかし、アルコール約14%で、それが、偉大な Recioto レチョート:に大変よく似ているワイン、と同じくらい甘いという事実は残ります。 驚くほど鮮明なルビー・カラーを鎮めています、それは、ブラックベリー・ジャム、レーズン、チョコレートと、カンゾウ、圧倒的なサテンの、大きなあたたかさと丸みのテクスチャー、決して、しつこくなく、嫌味のない甘さと、正確で、凝縮のある味、 『 ヘイジュード 』 のフェードアウトの長さほどのフィニッシュ、頽廃的なノーズを特徴とします。 醸造者は、これと他のワインのために輸入業者と交渉しています、しかし、2、3シェケルをまわりに投げつける気持ちがある人々のために、それは、現在、サンタモニカのセルヴァッジョのバレンチノ・レストランで、そして、モンテカルロのメイン・デュカスのルイ15世レストランで入手できます。 」

Antonio Ferrari [1959] Solaria Jonica






☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
▼URL「Wine Rank Best 30」
http://winebeer.jugem.jp/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




JUGEMテーマ:ワイン


ソーテルヌ極甘口貴腐ワイン愛好家にお薦め:2005年 グレート・ヴィンテージに パーカーポイント WA:96点 、ワイン・スペクテーター WS:96点 お買い得バリューデザートワインです

Chateau Rieussec headder


  7年熟成バックヴィンテージ
◆ [WA:96点 ⇒ 97点 / WS:96点]
  シャトー・リューセック ソーテルヌ 1er グラン・クリュ・クラッセ [2005]
  参考税込価格 8,618 円・送料別


 Chateau Rieussec Sauternes Fargues 1er Grand Cru Classe
 生産者:ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト メドック格付第1級 シャトー・ラフィット・ロートシルト
 生産地:フランス、ボルドー、ソーテルヌ ファルグ地区
 格 付:A.O.C. ソーテルヌ格付第一級
 品 種:セミヨン90%、ソーヴィニヨン・ブラン8%、ミュスカデル2%
 収 量:15hl/ha
 熟 成:オーク樽18ヶ月間熟成
 タイプ:白、極甘口、貴腐、フルボディ

 2005年のソーテルヌ地区ヴィンテージ評価:1897年以降、最も雨の少なかった年
 ロバート・パーカー氏のヴィンテージチャート:ソーテルヌ WA:96T点 グレート・ヴィンテージ
 マイケル・ブロードベント氏のコメント、
 「1921年と1989年に匹敵するが、どちらもソーテルヌの偉大なヴィンテージだった。」

 シャトー・リューセック [2005] の評価 - ワイン評論家 ロバート・パーカー氏
 パーカーポイント [WA:96点] ⇒ 2017年に上方修正 [WA:97点]

 ワイン・スペクテーター誌 [WS:96点]

 マイケル・ブロードベント氏 ★★★★★ 満点5つ星
 「 芳香がやや力強く、アプリコット、非常に甘く非常にリッチ、クリーミーで完全 」

 ベタンヌ&ドゥソーヴ 4B&Dマーク
 「 驚くほど力強くとてつもない将来性、桁外れに良かったヴィンテージのクラシックワインの一つ 」

 「 ラフィット・ロートシルトが、買収して以来、リューセックは、ソーテルヌの正当なスーパースターになった。 」
 と、ロバート・パーカー氏はコメントし、2001年にパーカーポイント [WA:99点] を与えました。 数世代にわたり シャトー・リューセック は、ソーテルヌ・ワインの最高峰と言われ、1868年の時点で、チャールズ・コックス氏は、
 「 他のどのシャトーにも増して、リューセックは、シャトー・ディケムとの類似性の高いワインを造る 」
 と、語っています。

 ワイン王国 特集記事 抜粋
 「 その後、エリック・ロートシルト氏によって買収されたこのシャトーは、とりわけ、支配人シャルム・シュヴァリエ氏の入念な努力によって、再構築された。 シュヴァリエ氏は、現在 " シャトー・ラフィット・ロートシルト " のディレクターだが、この " リューセック " も監督し続けている。 このワインは、非常に濃厚で芳醇で、ふくよかな甘味がある。 貴腐に由来するアロマは、若いころは他のクリュに比べると、やや繊細さに欠けるきらいがあるが、 " リューセック " 特有の豪華な味わいが出てくる熟成後に挽回する。 」

 D. ペッパーコーン氏は、シャトー・リューセックについて
 「 ソーテルヌでは、イケムに次ぐ小高い丘になっている恵まれた場所にある。 畑は、ソーテルヌの村にあるが、建物のほうは、ファルグにある。 ここの土壌は、とくに砂利が多い。 リューセックは、昔からソーテルヌで最高のクリュのひとつといわれ、傑出したブーケとかなり密度の高い風味をもつ一方、きわだった優雅さを誇り、一部のワインほど甘ったるくない、偉大な個性を備えたワインを造りつづけてきた。 」
 
 ソーテルヌ随一 他に類を見ない力強さ、2001年 スペクテイター [WS:100点] 満点、パーカーポイント [WA:99点] を獲得した。 シャトー・イケムの隣人であり、昔からソーテルヌで最高のクリュといわれる “ シャトー・リューセック ” ─ ロバート・パーカー氏 満点5つ星 ★★★★★ 生産者。
 甘口貴腐ワインの憧れソーテルヌ、特級格付シャトー・ディケムと同格でありながら価格は、ディケムの約1/5という超お買い得極甘口貴腐ワイン、2009年、2005年、2003年 と、2001年に続く近年まれにみるグレート・ヴィンテージです。 時価約 9 万円の シャトー・ディケム R.PARKER Point WA:95-98点 に肩を並べる シャトー・リューセック [2005] が、約1/12の 8,618 円 。 専門家の間でもヴァリュー・ソーテルヌと、お買い得貴腐ワイン間違いなしです。

シャトー・リューセック:Chateau Rieussec
 「 ソーテルヌ・アペラシオンの中心部に近づくと、シャトー・リューセック と その見晴らし台が、最も高い丘の斜面に見えてくる。 ガロンヌ河の左岸を見下ろすファルグ と ソーテルヌの丘の斜面に広がるリューセックの畑は、イケムに次ぐ標高にあり、単一区画の畑となっている。 リューセックは、常に傑出した評判を得てきたが、1971年、アルベール・ヴュイエール氏に買い取られてからは、新樽が増えたことと、ボトリティス菌が多い葡萄だけを収穫するため より頻繁に畑へ出るようになったことから、品質が大幅に改善された。 実際、批評家のなかには、ヴュイエールのワインは、熟成すると色があまりにも濃くなりすぎる( たとえば、1976年もののように )と主張する者もいた。 ヴュイエール氏は、1984年、大半の権利をドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト ( シャトー・ラフィット・ロートシルト ) に売却した。 ロートシルトは、リューセックのワイン造りのためなら金を惜しまず妥協を許さなかった。 その結果、1986年以来、現在では、このアペラシオンの最高の6本に数えられるほど真に深みのあるワインができ上がった。 おそらく、裕福なコレクターたちは、この10年間では、 1988年( WA:94点 )1990年( WA:94点 )2001年( WA:99点 ) のいずれかが、最も深みのあるリューセックを生産した年であると主張するだろう。 ロートシルトが、所有者である限り、リューセックのスタイル(力強さと、ほとんどローストされたといってもいい豊かさのスタイル)は、まず変わりそうにない。 このワインは、通常、深みのある色と秀逸な粘りけを持ち、総じてアルコール度数が高い。 リューセックは、バルサックとソーテルヌのほかのいくつかのシャトーと同じく、 「 クレーム・ドゥ・テット 」 というラベルのもとに、退廃的に豊かで、濃く凝縮されたワインをわずかな量だけ生産している。 このまれに見るとろりとしてなめらかな美酒に出会うことがあったら、ぜひ試して欲しい。 リューセックは、また、 「 R 」 と呼ばれる辛口の白ワイン を造っている。 このようなワインは、キャッシュ・フローの問題を解決してくれ、「 R 」 は、辛口のソーテルヌのなかで最もポピュラーで最良のワインのひとつである。 」
 ≪ ─ 講談社 『 BORDEAUX ボルドー 第3版 』より抜粋 ─ ≫

 格 付:第一級(1855年)
 畑の位置:ファルグ・ドゥ・ランゴン Fargues de Langon
 所有者:シャトー・リューセック Chateau Rieussec S.A.
     ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト Domaines Barons de Rothschild
 面 積:75ha
 平均樹齢:33年
 ブレンド比率:セミヨン90%、ソーヴィニョン・ブラン7%、ミュスカデル3%
 密植度:7000本/ha
 平均産出量(過去5年間):20hl/ha
 平均年間生産量:8万本
 醸造法:新樽70%、樽発酵、熟成24ヶ月後に瓶詰め、卵白清澄処理、濾過処理
 現在の格付評価:1984年、ロートシルトが取得以降、一層 品質向上、ソーテルヌ最良の6本のひとつ
 飲み頃のピーク:ヴィンテージにより 6〜25年以上

Chateau Rieussec Sauternes Fargues GCC 2005






★ Wine Advocate #188 (2010-04-27)パーカー高得点
  2009年 ソーテルヌ 超優良ヴィンテージ


 シャトー・シュデュイロー 2009 WA:97-99点
 シャトー・ディケム 2009 WA:96-98点
 シャトー・クリマン 2009 WA:96-98点
 シャトー・ドワジ・デーヌ 2009 WA:96-98点
 シャトー・クーテ 2009 WA:96-98点
 シャトー・リューセック 2009 WA:95-97点
 シャトー・ギロー 2009 WA:94-96点


◆ [WA:95-97点]
  シャトー・リューセック ソーテルヌ 1er グラン・クリュ・クラッセ [2009]
  参考税込価格 8,967 円・送料別


 Chateau Rieussec Sauternes Fargues 1er Grand Cru Classe
 生産者:ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト メドック格付第1級 シャトー・ラフィット・ロートシルト
 生産地:フランス、ボルドー、ソーテルヌ ファルグ地区
 格 付:A.O.C. ソーテルヌ格付第一級
 品 種:セミヨン90%、ソーヴィニヨン・ブラン8%、ミュスカデル2%
 収 量:15hl/ha
 熟 成:オーク樽18ヶ月間熟成
 タイプ:白、極甘口、貴腐、フルボディ

 『 ワイン・アドヴォケイト誌 188号 』 より抜粋 WA:95〜97点
 「 The minerality and stoniness really comes through on the nose of this Rieussec, more than the 2007. The palate is very well balanced with superb acidity, real tension, steely with great precision with notes of apricot, white peach and honey on the beautifully defined finish. Probably the best Rieussec since the astounding 2001. 」

Chateau Rieussec Sauternes Fargues GCC 2009






☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
▼URL「Wine Rank Best 30」
http://winebeer.jugem.jp/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆





JUGEMテーマ:ワイン


| 1/7PAGES | >>

葡萄樹液化粧品ハーベリィアースストーリー.jpg

【 極上ピノ・ノワール6本セット 】

<< 推奨北米加州 >>

HAHN CP

<< 推奨 チリ >>

clos des fous cp.jpg

ANAKENA-rogo

Bisquertt-sbc

<< 推奨アルゼンチン >>
Catena-Zapata-rogo

CHAKANA-rogo

CHACRA-CP

EL ESTECO DON DAVID spc.jpg

BODEGAS SALENTEIN-S-Rogo

VINA COBOS s-rogo

最近の記事

カテゴリー

別荘のシェアリング:募集期間 5月10日(木)ご宿泊分まで << 1日限定30組まで >> キャンペーン特別価格 「月曜日〜木曜日まで、一泊二食付500円」



★ 上記お申込み&参加条件:
・40歳以上で、既婚者の方はご夫婦、及び、ご夫婦を含むご家族。
・世帯主の年収が 500万円以上、又は、夫婦合算で年収 800万円以上の方。
・友人同士の参加は不可。
・定年退職の方は、「 持ち家 」の方、もしくは 金融資産(株式・預貯金)1,000万円以上の方。
・自営業の方は、年商ではなく、個人年収が、500万円以上の方。
・現地で行われる60分程度のご説明会へ既婚者の方は、必ずご夫婦でご参加頂ける方。
お約束:体験宿泊をされたからといって商品を強要すること、体験宿泊された後、 しつこく電話することは、一切ございません。 ご興味のある方は、どうぞご安心してご参加ください。
  ポイントバケーションリロ

マイブログリンク

プロファイル

モバイル

qrcode

search this site.

sponsored links

others

powered

みんなのブログポータル JUGEM