葡萄樹齢:ヴィエイユ・ヴィーニュ ( V.V. , Vieille Vignes ) とは? オールド・ヴァイン、センチュリー・ヴァイン、エンシェント・ヴァイン、 100年以上の古樹葡萄から造られるワインとは?

ヴィエイユ ヴィーニュ [ V.V. ] ,オールド ヴァイン [ Old vine ] について

 ソムリエ試験対策本などには、この昔から存在するヴィエイユ・ヴィーニュ ( V.V.; Vieilles Vignes : 「 ヴィエーユ・ヴィーニュ 」 と日本語表記する販売店もありますが、ここでは、「 ヴィエイユ・ヴィーニュ 」 とします ) だけで造られた葡萄の選果方法を学術的に解説していないのが不思議です。 用語としてさえ取上げられていないようです( 2005年版 )。 しかし、近年の輸入ワインなどを見ると 「 V.V. 」 表記 や 「 V.V. 」 を強調した販促・宣伝をよく見かけるようになっています。 そう言う意味においては、「 V.V. 」 についての解説をソムリエ試験対策本で取り上げないのは後手になっていると言わざるを得ないでしょう。 ソムリエ協会の怠慢が露呈しています。
 「 V.V. 」 が 表記される学術的権威 や 法的規則が、EUワイン法に見当たらない以上、各国各地域各醸造家の自主的表記なのでしょうが、同じ土地の若い葡萄と比較して葡萄の本質的組成は、全く違った価値になるといっても良いくらい味わいに丸みと深みを与えます。


ウキペディア英語版 を参考に見ると、

 Vieille Vignes :ヴィエイユ・ヴィーニュの意味は、

 樹齢を重ねた葡萄の樹 」 ( 古樹葡萄 )


 です。 樹齢の高い古木から生まれる葡萄には、凝縮感があり 良質のワインができます。 それで、 [ Old vine ] , [ Vieille Vignes ] , [ V.V. ] などと、ボトル・エチケットに表記されています。 葡萄のつる( 樹 )は、120年以上の間、成長することができます ( 人間と同じくらいの寿命か、それ以上です )。
 英語:Old vine ( フランス語: vieilles vignes 、 ドイツ語: alte Reben )
 [ Old vine ] の語は、ワインが 特に古い葡萄つるの果実であることを示すワインのラベル表記として一般的に用いられます。 きちんと取り扱われて示すとき、よりおいしいワインを与えるという一般的な信頼が生じます。 しかし、フランス、アメリカ、と大部分の国でそれは、合法、規格、裏づけを持たないか、一般的明確さに欠けていました。

 葡萄つる( 樹 ) は、120年以上の間成長することができます。
 およそ 20年後に「 つる 」は、より少ない収穫を生産し始めます。
 そして、平均産出高は、( 年 々) 減少します。
 そして、より濃縮した、強烈なワインに ( やがて ) 至ります。
 そして、場合によっては、果汁:ジュースをさらに凝縮 (凝集) します。
 「 古いつる: Old vine 」は、全ての地所にあてはまる 場合と、他の植樹されている特定の範囲と比較して の意味を示す場合があります。

 アメリカでは、カリフォルニア葡萄園で 最高樹齢 125年のジンファンデル [ Zinfandel ] 果実を少量まだ、保護しているため、「 Old vine 」 の最も一般的使用は、ジンファンデルに適用されます。

 ⇒ 最高樹齢 125年のジンファンデル マルティネリ ジャッカス・ヴィンヤード 植樹1883(?)年
 「 センチュリー・ヴァイン 」 100年を超えた、 “ 世紀越え ” の葡萄樹のこと。

 『 クンデ 』 ショウ・ヴィンヤード:標高 600-700feet 28anacre 植樹1882年
 『 ソーサル 』 , 『 ジラード 』 , 『 ストーンヘッジ

 商業的葡萄園を栽培しているいくつかは、オーストラリアのバロッサ [ Barossa ] ヴァレーに植えられています。 そして、最も古いもののうちの1つが、シラーズ [ Shiraz ] で、1843年に植えられている ラングメイル [ Langmeil ] 葡萄園 ( 現在 166年 ととても古い ) です。

 葡萄園で栽培されている 最も古い既知の葡萄は、400年以上前に植えられたスロベニア( スロヴェニア共和国 )のマリボル で育っています。 毎年、約35〜55Kgの葡萄を収穫して発酵・醸造させ、100本のミニチュアボトルに瓶詰めされています。

 ワイン生産が、長期にわたる場所では、しばしば、つるが、樹齢 30 〜 40 年であるワインを意味します。 一部のワインメーカーは、つるが これより古くなければならないと主張します。 新しく設立したワイン地方では、20年は、古いかもしれません。 それらが、本当に古くなるとき、定義は、特定の種類が単に経済的に生き残れる産出高を持たないという事実によってさらに難しくなります。

 ヴィエイユヴィーニュ [ V.V. ] ,オールドヴァイン [ Old vine ] と言う 「 語 」 の法的定義理由は、だれでもわかる客観的な定義でないと、「 古いつる( 古樹 ) 」 ワインが、つる時代に関連したどんな特定の特徴にでも明らかであるか、あるいは、明らかでないかもしれません。 通常、醸造者が、より立派であるほど、より たぶん何かを意味することになっています。 同様に、生産者が、「 規則的な 」、「 古いつる 」 の瓶詰めを販売するならば、品質でそうとは限らないならば、より品格に合っている認識できる違いを意味するでしょう。 これらの方法では、「 古いつる 」 は、「 予備 」 的な意味、また、しばしば 法的定義を持たない 「 語 」 と 類似しています。


 と、言うことで ウキペディアでも 「 V.V. 」 が、表記される学術的権威や法的規則が、世界標準的規格にまで整備されていないことを示唆しています。 そこで、生産者・醸造家の良心に推し量るようになるわけですが、評価すべきポイントは、自分なりに下記にまとめました。

 ただ、「 V.V. 」 をどの樹齢から表記するかが問われ、100%ピュアなのか?
 何パーセント混入なのか?
 そこに、質的な差異が、現れるので表記上の良心が、必要になります。


 例えば、50年の葡萄樹と、70年の葡萄樹、100年の葡萄樹の差は、明らかにその違いをワインに反映させてしまうでしょう。 樹齢が、高くなれば、葡萄の果実をつける量も少なくなっていきます。
 推奨するのは、少なくとも 50年、できれば、70年以上を超える 100%ピュアな 「 V.V. 」 から収穫された葡萄のみによって醸造されたワインです。
 また、 << 50年 >> を超えると 人間でも ( 植物でも ) 事実上、独立した 『 大人 』 として公に認められます。 この考え方は、旧約聖書に由来します。 つまり、聖書では、半世紀生きた人間に対してやっと、一人前の「 大人 」であると、評価されます。 聖書的に人間を判断するなら、元服 ( 16歳 ) したから、あるいは、 20歳・成人式 をあげたから、「 大人 」だと認めるのではありません。 それらは、単に、大人の仲間入りをしたに過ぎません。 大人の実 ( 徳、威光、威厳、経験、知恵、品性 ) を付ける年齢に達したと、認められる年齢が、 << 50年 >> とされます。

  地質も重要 - ワインにおいてこの点は、あまり強調されませんが、

 
第一に 肥沃でなく痩せた土地であること。
 つまり、 施肥をしてはならない ということです。


 気候も朝夕の寒暖差が あること。
 年間の日照時間が 多いこと。
 雨量の少ない乾燥地、年間降水量が 少ない台地・傾斜地・高地であること。
 風の発生しやすい冷涼地、海岸に近いこと。
 河川や化石年代の地質地層を持つこと。
 石灰岩、花崗岩、火山灰、シスト土壌、ハーブ、砂礫、砂利、石など。

 が、とても重要です。


 日本の国土は、ごく 一部を除いて、既にこの点で葡萄栽培に不適格です。 雨量が多く、土壌が肥えているため、葡萄樹の根が地中深く伸びない。 ミネラルの少ない野暮ったいワインになりやすい。

 「 V.V. 」 の価値を上げるには、根を地中深く はわせなければなりません。

 よって、気象条件 と 痩せた土壌、 荒涼としたハーブ = ガリーグ地、石ころ、火山灰、シスト土壌、大理石台地、標高の高い荒涼台地 などの土地が、良い 「 V.V. 」 として 限定されます。
 地層の深さ、表層から地下100m の範囲内に多層帯や、上層・中層・下層で異なっていれば、根から吸収される養分や水分の果実への影響は、より複雑になっていきます。 気象条件は、年間雨量がまず、少ない地域であること ─ すると、根は、樹齢が、高くなれば、より深く垂直にはっていきます。 そのため、幾層にも変化している地層の方が、より葡萄果汁に複雑なミネラル・養分が蓄積されます。

 農民というのは、馬鹿ではつとまりません。 化学者であり、生物学者であり、気象学者であり、地質学者であり、天文学者であり、暦学者でなければ、良い作物を栽培することは、到底できません。 絶え間ない努力と、仮説検証のフィードバックによって、やがて、結実するためには、数十年以上のスパンを必要とする仕事です。 ですから、代々続く、歴史を継承する農家が、ノウハウの蓄積と経験的信頼性を持っています。 農民と言うのは、広大なフィールドを実験場とする 「 錬金術師 」 です。 ですから、葡萄生育好環境と多層地層帯地質であることが よく知られており、なお且つ、歴史ある家柄、あるいは、古代からの歴史的栽培地と、健全 かつ 高樹齢の葡萄樹を保護管理しているワイナリーが、優れていることは 間違いないことです。


「 長命な葡萄樹 」 と 「 多層地層帯 」 と 「 好気候条件 」 の歴史的葡萄園が、ワイン選びの重要なポイントとなります。


「 V.V. 」 葡萄樹の注目すべき優良地域

◎ スペイン
 リヴェラ・デル・ドゥエロ [ Ribera del Duero ]、プリオラート [ Priorato ]、タラゴナ [ Tarragona ]

◎ フランス
 南仏ラングドック・ルーション、 南北ローヌ

◎ イタリア,ギリシャなどの地中海性気候と高地高山気候地帯

◎ オーストラリア
 南オーストラリア州、 バロッサ・ヴァレー [Barossa]

◎ アメリカ
 カリフォルニア州、ロダイ、メンドシーノ、ソノマ
   ・樹齢50年前後を境として呼ばれる 「オールド・ヴァイン」
   ・樹齢100〜125年「世紀超え」を意味する 「センチュリー・ヴァイン」
   ・樹齢100年超え〜古木「古代」を意味する 「アンシエント・ヴァインズ」
    ≪カリフォルニアの場合、ワインに表記する名前も3種類ほどあります。≫

◎ チリ
 アコンカグア・ヴァレー、マイポヴァレー

◎ アルゼンチン
 メンドーサ、パタゴニア
 
◆ 優良地層:ガリーグ (ハーブ)、バラ、野花、石灰岩、貝塚、化石、砂岩、砂利、花崗岩、シスト(火山跡)、凝灰岩、粘板岩・粘土岩(泥岩)、大理石(変成岩)、など

◆ 優良気候:温暖、日照時間が多い、乾燥 (雨量が少ない)、高地・台地などの日中と夜間の寒暖差が、大きい気候条件

 こうして ワインの良し悪しの基本は、必然的に絞り込まれます。
 葡萄果実本来のポテンシャルが高ければ、醸造において無理のない丁寧な仕事さえ心がければ、おのずと、良いワインができます。 良い醸造家とは、ポテンシャルの高い土地と、気候にあった品種を長期に育て ( ある程度の歴史が必要 ) 、収穫は、ナイトハーヴェスト ( 日の出までに手摘みする ) を行い、 過熟した葡萄を良く選果し、低温を保ちながら、醸造においても作為なく、清潔で素直に葡萄果実そのものを引き出す方法 ( 圧搾ではなくフリーラン、低温浸漬、スキンコンタクト、長期熟成 ) を行なう人でしょう。

 結論、ボルドーと言う土地は、もともとポテンシャルの高い土地とは、言い難いです。
 日本人のワイン観 = ボルドー至上主義的(ボルドーワインが、一番優れていると言う)偏見は、あの 「 パリテイスティング事件 」 を境に瓦解( 崩壊 ) しています。 除草剤、農薬、化学肥料による施肥などは、もっての他です。
 北ローヌの急傾斜地や、シャトーヌフなどの石ころが、表面を覆う痩せたガリーグ地帯で栽培される葡萄とは、比較になりません。 好条件をクリアする土地は、少ないと言えます。 実際、過去の歴史においてでさえ、名醸シャトーと言えども、ローヌワインを混醸して ボルドーワインを造っていたこともあったのです。



『 神の雫 』 第三の使徒 と ヴィエイユヴィーニュ [ V.V. ] 
   『 神の雫 』 第三の使徒:ヴィエイユヴィーニュ ( V.V. ) で造られた最近のヴィンテージ ローヌ ワインとは、

ドメーヌ・デュ・ペゴー シャトーヌフ・ドゥ・パプ キュヴェ・ダ・カポ [2000]

 でした。 パーカーポイント [ 99-100点 ] 、樹齢100年、「 家族の団欒 」 が テイスティングの表現でした。 フェロー家が 運営し、現当主 父のポール氏が、葡萄栽培を受け持ち、娘のローランス女史が、ワイン造りをしているそうです。 ドメーヌ・デュ・ペゴー シャトーヌフ・デュ・パプ キュヴェ・ローレンス も良いです。



ピノ・ノワールファンにダントツでおすすめする V.V. です。
チャクラ 32 トレンタ・イ・ドス
  参考税込価格 8,424 円・送料別


 CHACRA 32“ TREINTA Y DOS ”
 品 種:ピノ・ノワール、1932年に植えられた葡萄樹、樹齢約75年 から造られる“ CHACRA32 ”
 生産者:ボデガ・チャクラ
 生産地:アルゼンチン、アンデス山脈を抱えるパタゴニア、リオ・ネグロ・ヴァレー
 タイプ:赤

ワインエンスージアスト誌:94ポイント獲得
ワインスペクテイター誌:91ポイント獲得

2007 CHACRA 32“TREINTA Y DOS”





チャクラ 55 シンクエンタ・イ・シンコ
  参考税込価格 6,674 円・送料別


 CHACRA 55 “ CINCUENTA Y CINCO ”
 品 種:ピノ・ノワール、1955年に植えられた葡萄樹、樹齢約50年から造られる“ CHACRA55 ”
 生産者:ボデガ・チャクラ
 生産地:アルゼンチン、アンデス山脈を抱えるパタゴニア、リオ・ネグロ・ヴァレー
 タイプ:赤

ワインエンスージアスト誌:93ポイント獲得
ワインスペクテイター誌:90ポイント獲得

2007 CHACRA 55 “CINCUENTA Y CINCO”





ボデガ・チャクラ バルダ ピノ・ノワール
  参考税込価格 3,360 円・送料別


 BARDA BODEGA CHACRA
 品 種:ピノ・ノワール、バルダのみ100%完璧に除梗( 樹齢75年 と 52年の古樹がブレンド )
 生産者:ボデガ・チャクラ
 アルコール度:14%
 生産地:アルゼンチン、アンデス山脈を抱えるパタゴニア、リオ・ネグロ・ヴァレー
 タイプ:赤

ワインエンスージアスト誌:90ポイント獲得

スペクテーター誌:92点−2004年ヴィンテージ
  スペクテーター誌:93点−2005年ヴィンテージ
  スペクテーター誌:92点−2006年ヴィンテージ
  スペクテーター誌:91点−2007年ヴィンテージ

インターナショナル・ワイン・セラーズ ステファン・タイザー氏 IWS:91点−2006年ヴィンテージ
ワイン・アドヴォケート誌 ニール・マーティン氏 WA:92点−同

2007 BARDA BODEGA CHACRA




 雑味やエグミが一切ない葡萄そのものの果実味や旨みの詰まったジュース。
 「 除梗 」 は、収穫した葡萄の房から茎と葡萄の実を分ける事です。 究極の手作業です。
 チャクラのワイン造りは、ビオディナミという、厳しい自然農法に従っています。
 葡萄栽培〜醸造まで、機械を使用せず自然のまま行われます。
 葡萄を潰す圧搾機、浸漬・発酵用温度調節機能つきステンレスタンクともワイナリーにはありません。
 8kg入り小箱で丁寧に運ばれた葡萄は、古典的なセメントタンクで粒のまま発酵に移されます。
 アルコール発酵:自然酵母により自発的に行われ、マロラクティック発酵:約6ヶ月で完了。
 この後、酵母・バクテリアを殺すため少量硫黄を添加、澱引せず12ヶ月間樽熟成されます。

 ・まるで香水をかいだかのような複雑なアロマ
 ・香しく魅力的な長い余韻
 ・独特のミネラル感

ボデガ・チャクラ:BODEGA CHACRA
 1932年に植えられた古い葡萄樹のある荒廃した葡萄園を発見したイタリア人のピエロ・インチーザ・デッラ・ロケッタ氏は、スーパータスカン 「 サッシカイア 」 のオーナーの甥です。 理想とする自然の恵みとしてのワインを実現すべく、極力人為的な介入を排除したワイン造りを実践、大河と砂漠に囲まれ乾燥したこの土地は、年間降水量わずか18cm、湿度が最高で30%にしかならない乾燥した気候、照りつける太陽、強い風、激しい昼夜の寒暖差、厳しい気象条件には、病気も付け入る隙がなく、健康でとても小さく凝縮したワイン造りに最適な葡萄が育ちます。

  100%除梗が行われているのは、スタンダード・キュヴェの 「 バルダ 」 のみです。
   他の2キュヴェは、茎からタンニン等を抽出するため、あえて100%除梗しないときもあります。

BARDA BODEGA CHACRA2007091126

続きを読む >>

| 1/1PAGES |

葡萄樹液化粧品ハーベリィアースストーリー.jpg

【 極上ピノ・ノワール6本セット 】

<< 推奨北米加州 >>

HAHN CP

<< 推奨 チリ >>

clos des fous cp.jpg

ANAKENA-rogo

Bisquertt-sbc

<< 推奨アルゼンチン >>
Catena-Zapata-rogo

CHAKANA-rogo

CHACRA-CP

EL ESTECO DON DAVID spc.jpg

BODEGAS SALENTEIN-S-Rogo

VINA COBOS s-rogo

最近の記事

カテゴリー

別荘のシェアリング:募集期間 6月28日(木)ご宿泊分まで << 1日限定30組まで >> キャンペーン特別価格 「月曜日〜木曜日まで、一泊二食付500円」



★ 上記お申込み&参加条件:
・40歳以上で、既婚者の方はご夫婦、及び、ご夫婦を含むご家族。
・世帯主の年収が 500万円以上、又は、夫婦合算で年収 800万円以上の方。
・友人同士の参加は不可。
・定年退職の方は、「 持ち家 」の方、もしくは 金融資産(株式・預貯金)1,000万円以上の方。
・自営業の方は、年商ではなく、個人年収が、500万円以上の方。
・現地で行われる60分程度のご説明会へ既婚者の方は、必ずご夫婦でご参加頂ける方。
お約束:体験宿泊をされたからといって商品を強要すること、体験宿泊された後、 しつこく電話することは、一切ございません。 ご興味のある方は、どうぞご安心してご参加ください。
  ポイントバケーションリロ


マイブログリンク

プロファイル

モバイル

qrcode

search this site.

sponsored links

others

powered

みんなのブログポータル JUGEM