ジンファンデルとは? 品種の起源は、イタリアのプリミティーヴォと同じ原産地、芳香高く、穏やかな酸、滑らかなタンニン、スパイシー、濃厚な旨味と甘み、エレガントで気品あるワインです

Villa-Mt-Eden-Pinot-Noir20100102


ヴィラ・マウント・エデン グランド・リザーヴ ジンファンデル アンティーク・ヴァインズ [2007]
  参考税込価格 2,100 円・送料別


 Villa Mt.Eden Grand Reserve Zinfandel Antique Vines
 品 種:ジンファンデル100%
 栽培地:内陸部に位置する伝統的ジンファンデル畑
 Amador County:アマドール・カウンティ51%、Napa Valley:ナパ・ヴァレー49%の葡萄比率ブレンド
 樹 齢:1948年:60年古樹〜最も古い葡萄樹1908年植樹:100年、アンティーク・ヴァインズ
 Villa Mt.Eden Grand Reserve Zinfandel Antique Vines
 Vineyard Locations: California
 Varieties: Zinfandel
 タイプ:赤、辛口、フルボディ
 備 考:最も古い葡萄樹は、1908年植樹といいますから、ちょうど100年古樹になります。 最も新しいものでも 1948年の60年古樹。 オールド・ヴァインを越えた樹齢から 『アンティーク・ヴァインズ』 と名づけられました。

 2004年では、「WE:91点」を獲得し、≪ Editor's Choice ≫にまで選ばれており、同価格帯の、ジンファンデルという品種においては、非常に珍しいことです。

ヴィラ・マウント・エデン:Villa Mt.Eden
 ワインスペクテイター誌『年間TOP100』に、1996,1997,1998:3年連続、2002年−約10年で4度の入賞を果たす安定したハイクオリティーを誇る老舗ワイナリーです。 ナパ・ヴァレー、モントレー、サン・ルイオビスポに畑を所有、サンタ・マリア・ヴァレー契約畑から高品質シャルドネ&ピノ・ノワールの供給を受けて醸造しています。 日本でも長年このブランドは、輸入されており気軽に愉しめるプライスレンジワインとして安定したクオリティに対し高い評価を受けています。

 カリフォルニア A級生産者の単一畑で国内 2,500 円切りというのは、 ヴィラ・マウント・エデン が唯一ではないか・・・・?
 と、言われるほどです。

Villa Mt-Eden Grand Reserve Zinfandel Antique Vines







ジンファンデルとは?

ZINFANDEL4set20100524


プティ・シラー と共に、カリフォルニア・ワイン産業を支えてきた
エキゾチック葡萄品種ジンファンデルの起源は、いったいどれでしょう?


 1 イギリスルートでクローン(品種改良)命名された : ブラック・セント・ピーターズ ( Black St. Peters ) 説。

 2 カリフォルニア起源 : 土着品種 説。

 3 クロアチア・ダルマチア地方原産 : プラヴァック・マリ ( Plavac Mali ) 説。

 4 南イタリア・プーリア州 原産 : プリミティーヴォ ( Primitivo ) 説。


 1990年代初頭のDNA鑑定によれば、 " プリミティーヴォ 起源 説 " が、今まで有力でした。 しかし、誰もが認める事実は、この品種の特性を遺憾なく発揮させたのは、カリフォルニアという地質・環境にあります。 ゴールドラッシュ時代、鉱山夫〜富裕者層まで日常酒として愛され、禁酒法時代下では、闇流通酒・個人醸造酒となり、禁酒法廃止に少なからず影響を与えました。
 1980年代中期、余剰葡萄を用いたロゼワイン 「サターホーム」 のブラッシュ・ピンク色をした " ホワイト・ジンファンデル " が、大衆の嗜好に一致したことから、次々と類似ワインが、大量に商品化されました。

 しかし、一方では、ブレンド用、ジェネリック、バルク・ワインなど、代用ワインの代表的品種として、日本では、甘ったるい安物ワインのイメージが、定着し、現在においても意外と好かれていないようです。

 ところが、近年、著名な醸造家やコンサルタントを招き、手間とコストを要して造られるヴァラエタル・単一品種:ジンファンデルには、高品質&カルト的ワインもあり、ワイン・マニアからは、プティ・シラーと共に熱狂的支持に支えられるほどカリフォルニア独特の代表的葡萄貴品種となりました。
 特に、100年を超えた古樹葡萄: オールド・ヴァインエンシェント(アンシェント)・ヴァインセンチュリー・ヴァイン 、 などは、貴重でありながら、同樹齢の他品種と比較すれば、はるかに低価格帯で販売されています。 実は、パリ事件が起きて以来、カリフォルニアの葡萄産業は、カベルネ、ピノ、シャルドネなどの他の葡萄品種によるワイン需要が高まり、本来、長らく植えられていたジンファンデルを引き抜き、それらを他の貴品種と移植されるべき品種であったにも関わらず、古樹葡萄として大事に保護されたのには、理由があります。 それは、ロゼワイン・ブラッシュ・ピンク色の " ホワイト・ジンファンデル " が、もてはやされたひとつの時代を造り上げたためと言われています。 もし、 「サターホーム」 の " ホワイト・ジンファンデル " が、世に登場しなかったら、ジンファンデル種の葡萄古樹 100年 を超える老木は、存在しなかったかも知れません。


起源についての詳細:( ─ 参考:ウキペディアより引用 ─ )

 Zinfandel grapes ripening on the vine
 つるの上で熟しているジンファンデル葡萄
 Species : Vitis vinifera
 種 : 葡萄
 Also called Crljenak Ka�・telanski, Zin, ZPC
 またの呼称:Crljenak Kastelanski、ジン、ZPC
 Origin:Croatia 
 起源:クロアチア
 Notable regions:California, Puglia, Dalmatia
 顕著な地方:カリフォルニア、プグリア、ダルマチア
 Hazards:Bunch rot, uneven ripening
 危険:束腐敗、果皮がでこぼこに熟すること

 5 現在の説 答え:クロアチア ダルマチア地方原産 :Crljenak Kastelanski (「 Kastela Red 」)

 プリミティーヴォ ( Primitivo ) は、イタリア共和国南部 と アメリカ合衆国カリフォルニア州を中心に栽培されている、赤ワイン用葡萄品種です。 プリミティーヴォは、イタリア名です。 アメリカでは、ジンファンデル ( Zinfandel ) と呼ばれています。

 DNA鑑定から、原産地は、クロアチアであることが判明しています。

 18世紀中頃に、まず、イタリアにもたらされ、19世紀に、カリフォルニアに到達したと、見られています。 イタリア語のプリミティーヴォは、 「 最初の 」 、 「 一番目の 」 の意味から由来しています。 この品種が、比較的早く熟すことによります。 英名の ジンファンデル については、サンフランシスコ郊外にある、ワインの産地:ナパ郡に、同名の村がありますが、それに由来するかどうかは不明です。
 ジンファンデルは、10%以上のカリフォルニア葡萄園に植えられる多様な赤い葡萄です。 DNA鑑定でそれが、クロアチアの葡萄: Crljenak Kastelanski 、更には、伝統的にイタリアの 「 かかと 」 で成長する多様なプリミティーヴォに遺伝的に等しいことが分かりました。 それらは、約 1700 年代に導入されました。 葡萄は、19世紀中頃に、アメリカ合衆国へ行く途中を見つけて、名前が、「 ジンファンデル ( 不確かな起源の名前 ) 」 のバリエーションによってわかりました。

Primitivo-map075

 原産地:クロアチア( Dalmatia ) 
 プリミティーヴォ:プーリア州( Puglia ) 
 Old Vine:スロヴェニア共和国


Kastel Novi

原産地:クロアチア、カシュテラ ノヴィ( Kastel Novi )、 Ivica Raduni� 葡萄園
葡萄樹: Crljenak Kastelanski ( 「 Kastela Red 」 )




 イタリア
 イタリア半島の、長靴のかかとにあたるプーリア州を中心に栽培されています。
 一般に、イタリアワインは、酸味が強いですが、プリミティーヴォのワインは、特に強いです。 色合いも濃く、木いちごなどの香りを持った力強い味わいです。 しかしまだ、DOCG, DOCクラスのものは少なく、セパージュを名乗るワインには、IGTクラスが多いです。

 カリフォルニア
 カリフォルニアのジンファンデルは、一時、フランス産の高級品種に押され、顧みられなくなったこともありましたが、現在では、カベルネ・ソーヴィニョン、メルロー と並ぶ、重要な赤ワイン用葡萄品種になっています。
 イタリアのプリミティーヴォ・ワインに比べると、酸味は、おとなしく、チェリーや黒すぐりなどのような香りに、クミンや胡椒などのスパイシーな香りを混ぜたような強い香味を持ち、アルコール分の強い、ボディーのしっかりした味わいに造られるワインが多いです。
 アメリカでは、カリフォルニア葡萄園で、最高樹齢125年のジンファンデル ( Zinfandel ) 果実を少量、まだ、保護しているため、「 Old vine 」 の最も一般的言語使用は、ジンファンデルに使用されます。

 オーストラリアのバロッサ [ Barossa ] ヴァレーに植えられている最も古い葡萄樹のうちの1つが、シラー:Shiraz で、1843年に植えられているラングメイル:Langmeil 葡萄園 ( 現在166年と古い ) です。

 葡萄園で栽培されている世界で最も古い既知の葡萄樹は、400年以上前に植えられたスロベニア(スロヴェニア共和国)のマリボルで育っています。

 ホワイト・ジンファンデル
 ホワイト・ジンファンデルは、ジンファンデル種で造られた、明るいピンク色=ブラッシュ・ピンクのロゼ・ワインです。 赤のジンファンデルが、力強いこくのあるワインに対し、こちらは、優しい半甘口で、価格も安いです。
 ジンファンデルは、一般的に芳醇な赤ワインを生産しますが、ホワイト・ジンファンデルと呼ばれるやや甘めのロゼ (ブラッシュ−スタイル) ワインは、アメリカ合衆国で赤ワインの売上高の6倍を持っています。 この葡萄の高い糖分含有量は、15%を上回ったアルコール濃度に発酵することができます。 赤ワインの味は、それが、造られる葡萄の成熟に依存します。 木イチゴのような赤いベリー果実は、より、涼しい地域からのワインで優位を占めます。 ところが、ブラックベリー、アニスと胡椒のノートは、より暖かい地域で、そして、以前のものから造られるより一般的なワインです ← プリミティーヴォ・クローンを完熟させます。


 ヨーロッパ ( 6000BCE〜1870 )
 考古学の証拠は、葡萄の栽培化が、西暦紀元前 6000 年頃、コーカサス領域に起こったことを示します。 この地域は、ちょうど、旧約聖書に記された “ ノアの方舟 ” が、漂着したとされるトルコとアルメニアの国境アララト山付近一帯になります。
 そして、ワインメイキングすることは、発見されました。 葡萄樹(つる)の栽培は、その後、地中海と周囲の地方にまで広がりました。

 1800年代、クロアチアは、ワイン産業の基礎を造ったジンファンデルに関連したいくつかの土着品種を持ちました。 この多様性は、葡萄が、他のどこよりも長く、クロアチアの中に存在したことを示唆します。 しかし、これらの種類は、19世紀後半のフィロキセラ異常発生によって、ほとんどまったく一掃されました。 
 2001年、クロアチアのダルマチア地方海岸で発見された地元で既知の 「 Crljenak Ka�・telanski 」 は、たった、9本のジンファンデル葡萄樹に減少していました。


 最初は、学術用語プリミティーヴォの使用が、1870年代のイタリア政府の出版物で見つけ実証しました。
 この名前は、他の品種より先に熟する葡萄の傾向に言及する条件から primativus または、 primaticcio に由来します。 この名前の出演は、40年後に学術用語 ジンファンデル を最初に使用される以前のことで、プリミティーヴォが、大西洋を越えてイタリアに伝えられたことを示唆すると考えられると実証しました ; しかし、この仮説は、葡萄樹のクロアチア起源の発見以来、ありそうもなくなりました。 プリミティーヴォは、現在、1700年代にイタリアのプッリャ地域へ、異なったクローンとして紹介されたと考えられます。

 ドン フランチェスコ フィリッポ インデリッカッチ ( Don Francesco Filippo Indellicati ,バーリ:Bari の近くのジョーイア デル コッレ教会の聖職者 ) は、 ザガレス( Zagarese ) の多様性 ( おそらく 「 ザグレブ 」 に由来する名前 )の早生 ( わせ ) 熟している植物を選び、そして、 リポンテチ ( Liponti ) にそれ植えます : このクローンは、8月の末に熟して、北の プーリア ( プグリア Puglia ) を通して広範囲にわたるようになりました。

 1800年代後期、マンドゥーリア の ドン トンマーゾ シャヴォニ - タフーリ( Manduria, Don Tommaso Schiavoni-Tafuri ) と結婚した アルタムラの伯爵夫人 サビニ ( Altamura, Countess Sabini ) の持参金の一部として、彼女は、その他の偉大なプリミティーヴォ DOC ( denominazione di origine controllata または、「 起源の制御された分派 」 ) をカット( 切り株と )して持ち込まれました。 マンドゥーリアは、バーリ ( Bari ) ─ ジョーイア デル コッレ ─ のさらに南に位置する ターラント から南東方向へ、レッチェ ( Lecce ) につづく街道途中にあります。 ちょうど、イタリアのかかとのヒール中央内側あたりです。


 米国の東海岸( 1829〜1850 )
 アメリカ合衆国のジンファンデル出現が、ウィーンにある帝国のナーセリー:植物栽培園を通してだったのかもしれません。 オーストリア、クロアチアの上にハプスブルク君主国支配の間、たぶん、葡萄樹を得ました。
 1797年、オーストリアが、旧ベニス共和国のダルマチア地方を得たとき、拡大されました。
 ジョージ ギブズ氏( George Gibbs )、ロングアイランドの園芸家は、そして、1820〜1829年のヨーロッパのどこかで、シェーンブルン:Sch�・nbrunn ( ドイツ ) からの葡萄の積荷を受け取りました。
 サリヴァン氏( Sullivan )は、葡萄の専門書:学術論文 「 Vine( 1830 ) 」 の中で、ウィリアム ロバート 皇太子( William Robert Prince )によって言及される 「ハンガリーのブラック ジンファンデル」 が、ギブズ氏の1829年の獲得のうちの1つに言及したかもしれないように提案します。
 ウェブスター氏は、名前は、tzinif�・ndli ( czirifandli ) の腐敗だと提案します。 ドイツのジンファンデラー ( Zierfandler ) に由来するハンガリー語、オーストリアの Thermenregion からの白い葡萄 ( グリュナー シルヴァーナー ) を引き出しました。
 1830年、ギブズ氏は、ボストンを訪問しました。そして、その都市のサミュエル パーキンス氏は、間もなく 「Zenfendal」 を売り始めました。
 1830年、ギブズ氏はまた、皇太子に 「ブラック・セント・ピータース ( Black St. Peters ) 」 を供給しました。 類似した多様性は、イングランドから来たかもしれません。 多くの葡萄樹が、それらの名前に 「 セント・ピータース 」 を持ちます。 ほとんど何も、この葡萄樹についてわかっていませんが、1850年代にカリフォルニアに到着した 「 ブラック・セント・ピータース 」 は、1870年代までに 「 ジンファンデル 」 として知られていたことと同じでした。
 1835年、チャールズ・M.ホヴィー氏によって、ボストンの主要な苗木栽培業者、テーブル葡萄としての 「 Zinfindal 」 を推薦しました。 そして、それは、6月という早い時期にテーブル葡萄の生産のために、熱い温室ですぐに広く大きくなりました。 「 Zinfindal 」 から、ワインを造ることへの最初の言及は、ジョン・フィスク・アレン ( John Fisk Allen ) の実践的専門書:学術論文 「 Grape Vine ( 1847 ) 」 の文化と手入れに現れます。 一方、ボストンの屋外で大きくなることができたコンコード と 他の葡萄品種の方に注目が、向いたため温室耕作の流行は、1850年代で衰退しました。


 考えられるこのルートは、
 旧ベニス共和国のダルマチア地方 ⇒ クロアチアのハプスブルク君主国 ⇒ オーストリア・ウィーン・ハプスブルク帝国のナーセリー:植物栽培園 ⇒ シェーンブルン:Sch�・nbrunn (ドイツ) ⇒イングランド・ロングアイランド、ジョージ ギブズ氏 ⇒ ボストン、ウィリアム ロバート 皇太子 「ハンガリーのブラック ジンファンデル」 = 「ブラック・セント・ピータース:Black St. Peters 」? ⇒ カリフォルニア、 「ブラック・セント・ピータース」 = 「ジンファンデル」

 おそらく、ジョージ ギブズ氏が、多数クローン ( 株分け ) したのだろうと、予測されます。 経路の途中で、葡萄品種名も変わっていったと思われます。


 カリフォルニア( 1850〜1933 )
 1850年代のカリフォルニア・ゴールド・ラッシュに、ウィリアム ロバート 皇太子と、他の苗木栽培業者たちは、フレデリック・W. マコンドレイ と共に加わって、ジンファンデルを持って行きました。
 王子のノートは、葡萄が、 「 完全にレーズンに 」 乾いた、そして、彼のジンファンデルが、カリフォルニアで見つけた 「 ブラック ソノーラ 」 と同じだと思っていた と、記録しています。
 「 ブラック・セント・ピータース 」 として知られている葡萄樹が、カリフォルニアに到着したとき、それは、まず最初に、異なった多様性と考えられていました。 しかし、1870年代までには、それは、ジンファンデルと同じ葡萄と認められました。
 ジョセフ W. オズボーン氏は、カリフォルニアでジンファンデルから最初のワインを造ったかもしれません。 彼は、ちょうど北にナパのオーク・ノル葡萄園に、マコンドレイからジンファンデルを植えました。 そして、彼のワインは、1857年 ( 今から153年前 ) に非常に称賛されました。
 ジンファンデルの植え付けは、それが、カリフォルニアで最も広範囲にわたる多様性であった 19世紀すぐ後 〜 19世紀末 まで急成長しました。
 これらのジンファンデルの古い葡萄樹は、現在、高級赤ワイン生産のために大事にされています。 しかし、多くは、禁酒法年 ( 1920〜1933 ) の間に、1920年代に引き抜かれましたが、明らかな理由に賛成でありませんでした。 禁酒法の間さえ、ワインメイキングしている家は、事実上合法的なままでした。 そして、若干の葡萄園は、自宅でワインを造るために葡萄果実の販売を受け入れました。
 
 禁酒法の後の再発見( 1933〜現在 )
 1930年までに、ワイン産業は、大恐慌と禁酒法のために弱りました。
 国内市場を供給することによって生き残った多くの葡萄園は、カリフォルニアのセントラル・ヴァレー ( ジンファンデルのための非最適環境 ) にありました。
 禁酒法時代の終わりは、良質なワイン用葡萄の不足を残しました。 そして、特に目だたない補強ワインに混醸されたので、ジンファンデルは、無名状態に陥りました。 しかし、一部の醸造者は、一つの品種による赤ワイン:ヴァラエタルワインを造ることに興味を持っていました。
 20世紀中頃までには、カリフォルニア・ジンファンデルの起源は、忘れられました。

 1972年、1人の英国ワインライターは書きました、

 「 魅力的なカリフォルニアの葡萄 ( ジンファンデル ) があります。 そして、ハンガリー、しかし、明らかに現在 そこで未知のセパージュから来た と言われています。

 1974年 と 1981年に、アメリカのワインライターは、それを

 「 カリフォルニア・オリジナル ( 他のどこにも成長しない )
 「 カリフォルニア自身の赤い葡萄

 と、言いました。
 1972年に、 サターホーム・ワイナリー の ボブ・トリンケロ氏 は、より多くのタンニンと色を彼のディーバー・ヴィンヤード・ジンファンデルに与えるために若干のジュースをバットから抜き取ってみることに決めました。
 彼は、辛口のワインとして、この抜き取ったジュースをワインに醸造しました。 そして、 Oeil de Perdrix という名前でそれを売るために審理されて、フランスのワインは、この セニエ( saign�・e ) 方法によって造りました。
 アルコール部( 税関 )は、英語の翻訳を主張しました。 それで、彼は、「 白いジンファンデル 」 を名前に加えて、220ケースを売りました。
 その時に、白ワインのための需要は、白ワイン葡萄の入手可能性の限界を越えていました。 赤い葡萄から 「 白い 」 ワインを造る他のカリフォルニア醸造者を奨励し、スキンコンタクトを短く接触します。
 しかし、1975年に、トリンケロのワインは、発酵の停止を経験しました。 問題は、酵母が、すべての糖分をアルコールに変える前に次々に死んでいきます。 彼は、2週間ワインを取っておきました。 それから、もう一度味見して、このピンク色の甘いワインを販売することに決めました。 マテウス・ロゼが、ちょうど、第二次世界大戦の後のヨーロッパにおける巨大な成功になりました、この中間の甘いホワイト・ジンファンデルは、非常な人気となりました。
 ホワイト・ジンファンデルは、ボリューム ( ヴァリュー 6.3% ) によって、まだ 9.9% の米国ワイン売上高を占めます。 赤いジンファンデルの売上高の6倍です。

 現代のホワイト・ジンファンデルが、より多くの果実と、あっさりした甘さを持ちますが、1970年代 と 1980年代、ワイン批評家は、ホワイト・ジンファンデルが、味気なく、面白くないと考えました。 それでも、このブラッシュ・ワイン ( ブラッシュ・ピンク ) の成功は、高級な地域にある多くの古い葡萄樹を保存しました。 赤いジンファンデルワインが、流行に戻ってきたことにより、20世紀末から真価を発揮しています。


 プリミティーヴォ と Crljenak Kastelanski との関係
 Crljenak Kastelanski の葡萄樹、それが発見された葡萄園、ザグレブ大学からの金属タグは、この葡萄樹が、遺伝子の研究のために予約されていることを示します。
 ジンファンデルは、 「 アメリカの葡萄 と ワイン 」 と長く考えられました。 しかし、カルフォルニア大学デーヴィス校( UCD )教授 オースティン・ゴーヘン 氏は、1967年に、イタリアを訪問した時、プリミティーヴォから造られたワインが、ジンファンデルを 彼に思い出させたことから、彼は 気がつきました。 他にもまた、時間をそのコネクションに割きました。

 1968年、プリミティーヴォは、カリフォルニアに持ってこられました。 そして、アンペロ・グラファーズ氏は、1972年に、それをジンファンデルと、同一であると宣言しました。
 1975年、これらのカリフォルニア葡萄から造られる最初のワインは、ジンファンデルと、同一のようでした。
 1975年、PhDステューデントのウェード・ウルフ氏は、2つの種類には、同一のイソ酵素指紋が、あることを示しました。
 1976年、バーリのランベルティ博士は、ゴーヘン氏に、プリミティーヴォが、クロアチアの多様性プラヴァック・マリ ( Plavac Mali ) であるかもしれないように提案しました。
 1982年、おそらく、イソ酵素分析によって、ゴーヘン氏は、それらが、類似しているが、同一でないことを確認しました。
 一部のクロアティア人は、それでも、プラヴァック・マリ が、ジンファンデル と同じだったと 信じ込むようになりました。 クロアティア生まれのワインメーカー Mike Grgich 氏、彼らの間で。
 1991年、Grgich 氏と他の醸造者は、品種ものワインと、ワインを進めて、科学研究をジンファンデルで支える目的をもつジンファンデル 支持者と、プロデューサー ( ZAP ) として一緒に来ました。 この支持で、ザグレブ大学と協力して、UCD教授キャロル・メレディス氏は、クロアチアに行って、ダルマチアを通して、プラヴァック・マリ の150以上のサンプルを集めました。
 1993年、メレディス氏は、プリミティーヴォとジンファンデルが同じ多様性のクローンであることを確認するために、DNA 鑑定技術を使用しました。 プリミティーヴォが、クロアチアの葡萄の熟すること前半クローンとして選ばれたという理論と、一致しています。
 1998年、までに、メレディスのチームは、プラヴァック・マリ が、ジンファンデルでないと理解しました。 しかし、むしろ、それは、他の親でした。
 2000年、彼らは、プリミティーヴォ/ジンファンデル が、プラヴァック・マリ の片方の親であるということを発見しました。
 プラヴァック・マリの他の親は、イヴァン・ペジック 氏 と、エディ・マレティック氏 ( ザグレブ大学 ) によって、アドリア海のソルタ島から古代の多様性を持つ Dobri�・i�・ であると確定されました。
 この発見から、中央ダルマチアの沿岸の通りと、その沖合島に捜索をしぼりました。 結局、あっている遺伝子指紋は、サンプルの間で見つかりました。

 2001年、配偶者は、スプリト:Split 近郊のカシュテラ ノヴィ:Kastel Novi にある Ivica Raduni�・ の葡萄園で、この年にサンプルされた葡萄から由来しました。
 この Crljenak Kastelanski ( 「 Kastela Red 」 ) は、その最初の家で Primitivo / Zinfandel を代表するように見えます。 しかし、いくらかの遺伝的分化は、それらの分離以降、起こったかもしれません。
 メレディス氏は、現在、 「 ZPC 」 としての多様性に言及します - ジンファンデル / プリミティーヴォ / Crljenak Kastelanski 。
 このクロアチアの葡萄園は、ちょうど、何千もの他の葡萄樹を混ぜ合わせられる9本の Crljenak Kastelanski 葡萄樹を含みました。


 2002年、地元で Pribidrag として知られているさらなる葡萄樹は、ダルマチア沿岸の Omi�・ の町で見つかりました。
 ウイルス感染が、それらの解放を延ばしましたが、両方のクローンは、リッジ・ヴィンヤーズの保護中、カリフォルニアにおいて繁殖しています。
 2005年、最初のクロアチアの 「 ZPC 」 ワインは、エディ・マレティック氏によって造られました。 一方、プリミティーヴォの植樹は、カリフォルニアで増加しました。 それは、兄弟品種よりいくぶん活発に成長しないところから、そのワインは、より多くのブラックベリーと、スパイス味を持つと考えられます。


 ピノ・ノワール以上にこの コスパ・ジンファンデルをお薦めします。

ヴィラ・マウント・エデン グランド・リザーヴ ジンファンデル アンティーク・ヴァインズ [2005]
  参考税込価格 2,394 円・送料別


 品 種:ジンファンデル100%
 栽培地・葡萄比率ブレンド:内陸部に位置し、伝統的ジンファンデル畑が残るやや温暖な
 アマドール・カウンティ ( Amador County ) 76%、ナパ・ヴァレー ( Napa Valley ) 24%
 樹 齢:1948年:60年古樹〜最も古い葡萄樹1908年植樹:100年、アンティーク・ヴァインズ
 Villa Mt.Eden Grand Reserve Zinfandel Antique Vines[2005]
 Vineyard Locations: California
 Varieties: Zinfandel
 Bottle Size: 750ml

ヴィラ・マウント・エデン:Villa Mt. Eden

 ワインスペクテイター誌『年間TOP100』に、1996,1997,1998:3年連続、2002年−約10年で4度の入賞を果たす安定したハイクオリティーを誇る老舗ワイナリーです。
 ナパ・ヴァレー、モントレー、サン・ルイオビスポに畑を所有、サンタ・マリア・ヴァレー契約畑から高品質シャルドネ&ピノ・ノワールの供給を受けて醸造しています。
 日本でも長年このブランドは、輸入されており気軽に愉しめるプライスレンジワインとして安定したクオリティに対し高い評価を受けています。

 カリフォルニアA級生産者の単一畑で国内2,500円切りというのは、 ヴィラ・マウント・エデン が唯一ではないか・・・・?
 と、言われるほどです。

通販店試飲コメント、
 「 インポーターさんから 『 ジンも素晴らしいので試してください。 』 ・・・・
 と、サンプルを頂き試飲したのですが、2,000円台前半までの価格帯で、ひっさびさにここまで完成されたジンファンデルに出会いました。
 クオリティーで言えばシャルドネ以上かもしれません。 感激しました。 ・・・・
 清楚さの中に清涼感があり、存在感も全く洗練されていて ・・・ 大人のスタイルにシビれます。
 野暮ったさが無くて完全に西欧の都会風 ・・・・
 ジンファンデル栽培地アマドールカウンティ:76%、ナパヴァレー:24% と、最近混ぜ物が多くなった中で100%ジンファンデルです。 最も古い葡萄樹は、1908年植樹といいますから、ちょうど 100年古樹 になります。 最も新しいものでも1948年の60年古樹。 オールド・ヴァインを越えた樹齢を誇ることから 『 アンティーク・ヴァインズ 』 と名づけられました。」

続きを読む >>

| 1/1PAGES |

葡萄樹液化粧品ハーベリィアースストーリー.jpg

【 極上ピノ・ノワール6本セット 】

<< 推奨北米加州 >>

HAHN CP

<< 推奨 チリ >>

clos des fous cp.jpg

ANAKENA-rogo

Bisquertt-sbc

<< 推奨アルゼンチン >>
Catena-Zapata-rogo

CHAKANA-rogo

CHACRA-CP

EL ESTECO DON DAVID spc.jpg

BODEGAS SALENTEIN-S-Rogo

VINA COBOS s-rogo

最近の記事

カテゴリー

別荘のシェアリング:募集期間 6月28日(木)ご宿泊分まで << 1日限定30組まで >> キャンペーン特別価格 「月曜日〜木曜日まで、一泊二食付500円」



★ 上記お申込み&参加条件:
・40歳以上で、既婚者の方はご夫婦、及び、ご夫婦を含むご家族。
・世帯主の年収が 500万円以上、又は、夫婦合算で年収 800万円以上の方。
・友人同士の参加は不可。
・定年退職の方は、「 持ち家 」の方、もしくは 金融資産(株式・預貯金)1,000万円以上の方。
・自営業の方は、年商ではなく、個人年収が、500万円以上の方。
・現地で行われる60分程度のご説明会へ既婚者の方は、必ずご夫婦でご参加頂ける方。
お約束:体験宿泊をされたからといって商品を強要すること、体験宿泊された後、 しつこく電話することは、一切ございません。 ご興味のある方は、どうぞご安心してご参加ください。
  ポイントバケーションリロ

マイブログリンク

プロファイル

モバイル

qrcode

search this site.

sponsored links

others

powered

みんなのブログポータル JUGEM