[WA:96点] シャトー・ポンテ・カネ [2015]、ボルドーワインで唯一期待できる造り手 ビオディナミと熟成にアンフォラを使用 シャトー・ポンテ・カネ:現在最も改善されているシャトーです

Chateau Pontet Canet-headder


◆ [WA:96点] シャトー・ポンテ・カネ [2015]
  参考税込価格 17,820 円・送料別


 2015 Pontet-Canet, Pauillac
 生産地:フランス、ボルドー、メドック、ポイヤック
 AOC :ポイヤック
 格 付:ボルドー・メドック地区格付第5級(1855年)
 セパージュ:カベルネ・ソーヴィニヨン65%、メルロー30%、カベルネ・フラン4%、プチ・ヴェルド1%
 熟 成:50%フレンチ・オーク新樽、15%二年樽、35%セメント・アンフォラ

 2015 Pontet-Canet, Pauillac (Pre-Arrival)

 98 points James Suckling
  So much floral and dark-fruit character with almonds and walnut shell. Full body and ultra-fine tannins. Powerful. Classic style with a harmony and energy. Goes on for minutes. A superb wine with great fruit. Real Bordeaux. Try in 2025. (2/2018)
 「 アーモンドと殻付クルミと共にたくさんの花とダーク・フルーツのキャラクター。 フルボディおよび超微細タンニン。 パワフル。 調和とエネルギーのあるクラシックなスタイル。 数分待ってください。 素晴らしい果物を味わえる優れたワイン。 リアルボルドー。 トライ2025年のうちに。」

 97 points Vinous
  Proprietor Alfred Tesseron and winemaker Jean-Michel Comme produced an absolutely stellar Pontet-Canet in 2015. Sumptuous, racy and totally inviting, the 2015 is all class. Super-ripe dark cherry, plum, spice and exotic floral notes build as the 2015 shows off its alluring personality. Even with all of its raciness, the 2015 speaks with authority and power. Fine tannins extend the persistent, highly nuanced finish. The 2015 is 65% Cabernet Sauvignon, 30% Merlot, 3% Cabernet Franc and 2% Petit Verdot aged 50% new oak, 35% in terra cotta and 15% in neutral oak. Tasted three times. 97+ points. (AG) (2/2018)

 97 points Wine Enthusiast
  Succulent fruits, rich tannins and juicy acidity are in perfect harmony in this wine produced from biodynamic grapes. It has a rich, velvet texture and dense structure, sumptuous and already balanced and delicious. However do not be fooled, this is a serious wine for aging. Drink no earlier than 2026. *Cellar Selection* (RV) (4/2018)

 96 points Robert Parker's Wine Advocate
  A blend of 65% Cabernet Sauvignon, 30% Merlot, 4% Cabernet Franc and 1% Petit Verdot, 50% of the 2015 Pontet-Canet was aged in new French oak, while 15% was matured in second fill barrels and 35% in cement amphorae. Deep garnet-purple in color, the nose opens with exuberant black currants, red currants and black raspberries scents plus an evocative undercurrent of cedar chest, dusty earth, cloves, chocolate box and Provence herbs with a fragrant waft of lavender. Medium to full-bodied and built like a brick house with very firm, wonderfully grainy tannins and black and red fruits charged with the most singular energy, it finishes with incredible persistence and depth. 96+ (LPB) (2/2018)
「 カベルネ・ソーヴィニヨン65%、メルロー30%、カベルネ・フラン4%、プチ・ヴェルド1%のブレンド、ポンテ・カネ [2015] の50%が、新しいフレンチ・オークで熟成され、15%は、第2の樽で成熟し、35%は、セメントアンフォラ。 深いガーネット紫色、ノーズは、鮮やかなブラック・カラント、レッド・カラント、ブラック・ラズベリーの香りと、シダー・チェスト(ヒマラヤ杉の収納箱)、埃の多い土、クローブ、チョコレート・ボックス、プロバンスのハーブの香り、豊かなラベンダーの香りを引き出します。 非常にしっかりとした粒状のタンニンと黒と赤の果実が最も特異なエネルギーで満たされたレンガ造りの家のように、ミディアム〜フルボディで造られ、信じられないほどの永続性と深さで仕上げられています。 」

 95 points Jeb Dunnuck
 94 points Decanter
 94 points Wine Spectator

ch pontet-canet 2015.jpg





▼ ここから、過去記事です。


シャトー・ポンテ・カネのセカンド、 レ・オー・ド・ポンテ・カネ [2012] が

官能検査でアペラシオンの典型性を欠くという理由からヴァン・ド・フランス

に格下げ、全世界で『 飲んでみたい 』 と熱望する疑惑のコレクターズ・ワイン


レ・オー・ド・ポンテ・カネ [2012]
  参考税込価格 6,890 円・送料別


 HAUTS DE PONTET-CANET
 生産地:ボルドー、メドック、ポイヤック
 格付:ヴァン・ド・フランス
 セパージュ:カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルド
 タイプ:赤、辛口、フルボディ
 備 考:「 レ・オー・ド・ポンテ・カネ 2012 」 の ヴァン・ド・フランス格下げが、世界で話題になっています。 シャトー・ポンテ・カネのオーナー一族でマーケティング担当のメラニー・テスロン女史が来日し、 「 出来には 自信があります。 理由がわかりません 」 と、コメント。 レ・オー・ド・ポンテ・カネ [2012] は、官能検査でアペラシオンの典型性を欠く として AOC ポイヤックから、 ヴァン・ド・フランス に格下げされました。 メラニー女史は、「 ワインには誇りを持っています。 いつも通り、ヴィンテージとテロワールの表現に努力しました。 ( コンサルタントの ) ミシェル・ロラン氏も、ネゴシアン も試飲して、品質に問題はない。 揮発酸などの分析データも良好だ。 ポイヤックの典型性を欠く と言われても、テイスティングは、主観的な要素を含んでいますから ・・・ 」 と、コメント。 格下げは、世界で議論を呼んでおり、ビオディナミや 2012年から導入したアンフォラ ( 陶器製の甕 ) の問題を指摘する声もあるが、セカンドワインには、中古樽を使用し、アンフォラとは無関係だという。 アルコール度は14%。 シャトーの年間生産量は、約20万本、 セカンドワインは、約10% 。 ネゴシアンは、再試飲して、99.9% の割り当てに変更はない。 コレクターズ・アイテム になるかもね(笑)
 ( 参考:世界の最新ワインニュースと試飲レポート 山本昭彦氏 ワインジャーナリスト )

VIN de FRANCE kakusage


 『 ポイヤックの典型性を欠く 』 という理由で、AOCポイヤックを名乗れず、「 ヴァン・ド・フランス 」 に格下げされた理由とはいったい何だったのだろうか? とはいえ、記事の通りにその噂は、マイナスファクターとして働くどころか、 『 ネゴシアンは、再試飲して、99.9%の割り当てに変更はない。 コレクターズ・アイテムになるかもね( 笑 ) 』 と、プリムール試飲で予約していたワイン商達は、この現実に全く動揺しないどころか、逆に “ コレクターズ・アイテム ” になっているそうです。 憶測では、「 AOC ポイヤック で、第五級シャトーが、 第一級シャトーに勝利することが許されなかったのか?、 それとも、革新を続ける [ シャトー・ポンテ・カネ ] の真の底力とも言うべきテロワールが、ビオディナミによって開眼し、ずば抜けたスケールの味わいが、審査員の舌の範疇を遂に超えてしまったのか? 」 ─ この話題は、さらにこれから発展していくでしょうね。 

 そこで、「 ポイヤックの典型性 」 とは、何か? 参考までに通販店でのポイヤックの紹介を引用すると、 「 カベルネソーヴィニョンといえばこのポイヤック。 ここでは、世界で最も高貴なカベルネが産出されています。 ひとたび、ポイヤックのワインにはまれば、細やかな酸味やデリケートで豊かな渋み。 黒い完熟果実 と ミルでひきたてのブラックペッパーのすがすがしい香り は、 鼻から唾液線をダイレクトに刺激するため、もうこれがなければ、( ポイヤックの )カベルネとは、呼べない と、きっと思うはずです。 この ( ポイヤック ) 村では、五大シャトーのうち、三大シャトーまでが所在、 ラトゥール、ラフィット、ムートン のお膝元。 そのムートンの真向かいにあるのが、シャトー・ポンテ・カネ。 そのうれしいセカンドワイン、レ・オー・ド・ポンテ も筋金入り のひとつです 」

ch-pontet-canet map


 と、まぁ、はっきり言って表現が大げさすぎです。 地図でも判るようにムートンの 隣でも、真向かいにでも ポンテ・カネは、ありません。 畑と大きな道を隔てた先にあります。( 地図では見えませんが、ムートンの下と右すぐ隣にChâteau d'Armailhac、Camou Jean-Gabriel、があります。 )
 おそらく、審査員の舌の範疇を超えたのは、ビオディナミのせいかも知れません。 「 豊かな渋み ・・・ ミルでひきたてのブラックペッパーのすがすがしい香り は、 鼻から唾液線をダイレクトに刺激するため、もうこれがなければ、( ポイヤックの )カベルネとは、呼べない 」 とされるこの << ブラックペッパーのすがすがしい香り >> が、前面に突出せず、ビオディナミによって、タンニンが思いのほか 柔らかく優しい、よく練られた超微粒子、フルーティで熟した果実味 と まるで一体感を成し、そして、ポイヤック本来の土の香り( ピリッと刺激的な香辛料ではない )、香水のような果実の香りの方が、より一層前面に出たからではないだろうか? できれば、2011年産と比較試飲すれば、その違いがはっきりするかもしれない。

[2011] レ・オー・ド・ポンテ・カネ ( 参考税込価格 4,946 円・送料別 )

HAUTS DE PONTET-CANET





現在最も目を見張る急速に改善されているボルドーの
シャトーをひとつ挙げるなら、それは、
シャトー・ポンテ・カネ

 メドック ポイヤック格付第5級


 ビオディナミ農法による葡萄栽培、馬による耕作、樽の影響を避けて、過去3年間 サイズの異なるアンフォラ ( セメントの甕 ) での熟成にトライ。 2012年のヴィンテージ から一部をこのアンフォラで熟成したワインを瓶詰めする予定。

 ポンテ・カネについてロバート・パーカー氏は、

 「 ここは、メドックの偉大なシャトーの1つのポンテ=カネ。 だんだん注目度が増してきており、オーナーのアルベール・テスロン氏も壁を打ち破った1994年のヴィンテージ以降、情け容赦ない選別処理を行うようになっている。

 ヒュー・ジョンソン氏は、著書 『 ポケットワインブック 』 の中で ポンテ・カネについて、

 「 ムートン・ロートシルトの隣人。 長年低迷していたが、昔からの固いタンニンが解消された。 1990年代半ばからは、極めて満足のゆく出来。

 ル・クラスマン( 現 レ・メイユール・ヴァン・ド・フランス ) 誌は、

 「 シャトーポンテ・カネは、一番ピュアに、そして、一番実直にポイヤックを表現しているかもしれない。 その燻した香り、もしくは、ハバナ ( キューバ ) 産シガー ( 葉巻きたばこ:タイプとしては 「 ルシタニア 」 ) にタールを混ぜたような香りは 独特である。 シャトー・ランシュ・バージュ ほどまろやかな厚みはないかもしれないが、高貴さで勝るポンテ・カネは、シャトー・ピション・ロングヴィル の優雅さと、独特の風情にまで達することもある。 近年のヴィンテージは、全て密度の高さとポテンシャルが傑出している。

 と、五大シャトーに次ぐダブルスター ★★ 評価。
  Le Guide des Meilleur Vins de France 2012年版:
 五大シャトーと同評価 ★★★ 3つ星満点生産者に格上、19.5点


 マスターオブワインのジェイムス・ローサー氏は、

 「 最近、ボルドー愛好家の間で、ポンテ・カネが、2つの点で話題になっている。 1つは、ワインの質が劇的に向上していること。 そして、もう1つは、葡萄畑をビオディナミで管理していることである。 私の知る限りでは、ポンテ・カネは、格付シャトーの中で、この大胆な方針を打ち出した唯一のシャトーである。

 とし、 ムートン・ロートシルトオーゾンヌパヴィ とともに 最も改善されたシャトー10傑 ベスト10に選出

 << シャトー・ポンテ・カネ データ >>
 Appellation : Pauillac
 Surface area : 120 Hectares of which 81 are vines
 Geology : Soil : quaternary gravel
 Grape Varieties : Cabernet Sauvignon 62%, Cabernet Franc 4%, Merlot32%, Petit Verdot 2%
 Vines average age : 40-45 years
 Method of Viticulture : Certified Organic and Biodynamic
 Plantation density : 9500 vines per hectare
 Manure : Composted manure (if needed)
 Pruning : Double Guyot pruning - m ・docain style
 Harvest : By hand in small boxes

 Vinification duration : 4 weeks to a month depending on tasting
 Fermentation duration : 2 to 3 weeks
 Vat Types : Oak and natural cement
 First Wine : Ch ・teau Pontet-Canet
 First Wine Maturation : 60% of new barrels per year
 Barrel Maturation duration : 16 months
 Second Wine : Hauts de Pontet-Canet
 Second Wine Maturation : 100% of one year barrels
 Barrel Maturation duration : 12 months


 2009 ヴィンテージ・テクニカルデータ パーカーポイント WA:100点
 We are learning to understand the terroir, the vines as well as diseases and pests more and more thanks to nature's offering of immense resources that are so little used. This enables us to help the vine build up a resistance against illness or pests, naturally, without aggression. This was particularly useful at the beginning of the season when frequent rain reminded us of the two previous years.
Then, once the summer began, the sun settled in over the region. The hot weather lasted right up until harvest time, giving us high hopes for the vintage to come. Our animal traction project continued to develop. It required a lot of thought and a sincere long-term vision. The first results are already evident and go beyond our expectations as the soil very quickly rewards us when we show it respect.
Under perfect weather conditions, the harvest began on the 28th of September and continued under a permanent sunshine and hot temperatures, finishing on the 15th of October.
 Harvests : 28th September to 15th October
 Alcohol content : 14°
 Grape Variety : Merlot : 30 %, Cabernet Sauvignon 65 %, Cabernet Franc 4 %, Petit-Verdot 1 %

 Ch ・teau Pontet-Canet 2009 - Tasting Notes :
 Deep purple colour. The exceptionally complex nose is dominated by fruits such as blackcurrant and a very noticeable graphite presence. A flowery touch of violets adds extra elegance. In the mouth, the attack is yet powerful and contained. The high in tannins, long and highly refined structure is accentuated by a refreshing acidity. A great Pontet-Canet !


 2010 ヴィンテージ・テクニカルデータ パーカー WA:100点 クラスマン 20/20点 WS:97点
 In Bordeaux each year is unique, with a character unlike any other. As with every child, a wine has two parents: the father―terroir; and a mother―the vintage. It will have something of each, but the wine will nonetheless be true to itself. The season began rather late, then unstable weather during flowering gave rise to coulure which reduced the number of grapes produced, especially in the older Merlot parcels. Finally, sun and dry weather arrived and lasted through the harvest―the sign of a great vintage. There has been significant development in the use of horses in the vineyard: we have gone from 7 to 24 hectares that are worked completely tractor-free. We have pared vinification down to the essentials in acknowledgment that, above all, a great wine is made in the vineyard. This 2010, the product of our commitment to organic and biodynamic vine growing, is certified for both types of viticulture―unique among the M ・doc's Great Classed Growths.
 Harvests : September 29 to October 17
 Alcohol content : 14,5°
 Grape Variety : Merlot : 30 %, Cabernet Sauvignon 65 %, Cabernet Franc 4 %, Petit-Verdot 1 %

 Ch ・teau Pontet-Canet 2010 - Tasting Notes :
 Purple color, almost black. The very complex aromas have a vibrant character, dominated by notes of violet, blackberry, red currant and cherry, among others. There's complete harmony in the mouth, with a straightforward structure and impressive length. It is both dense and etherial. This is surely the greatest Pontet-Canet in modern times.

( 参考:pontet-canet.com )


◆ [WA:100点] シャトー・ポンテ・カネ [2009]
  参考税込価格 29,400 円・送料別


 パーカーポイント WA:100点満点ワイン、飲み頃予想:2025〜2075年まで
 ワインスペクテイター 誌 WS:96点
 インターナショナルワインセラー IWC:96点
 Le Guide des Meilleur Vins de France 誌: ★★★ 3つ星満点生産者、19.5/20点


 Chateau Pontet Canet AOC Pauillac Grand Cru Classe du Medoc en 1855
 生産者:テスロン家
 生産地:ボルドー、メドック、ポイヤック
 格 付:AOCポイヤック、格付第5級、メドック・グラン・クリュ・クラッセ
 品種・セパージュ:メルロ30%、カベルネ・ソーヴィニヨン65%、カベルネ・フラン4%、プティ・ヴェルド1%
 アルコール:14%
 タイプ:赤、辛口、フルボディ
 備 考:トム・スティーブンソン氏の「 Wine Report 2009 」の中で、 MW (マスター・オブ・ワイン)の D.ペッパーコーン氏が、Fastest-Improving Producers( 品質向上が目覚ましい 生産者 )のベスト10に選出。
   第1位 ラフィット・ロートシルト
   第2位 オーゾンヌ
   第3位 ポンテ・カネ

 ワイン・アドヴォケイト誌 #199 ロバート・パーカー氏 WA:100点 飲み頃予想:2025〜2075年
 「 An amazing wine in every sense, this classic, full-bodied Pauillac is the quintessential Pontet Canet from proprietor Alfred Tesseron, who continues to reduce yields and farms his vineyards biodynamically – a rarity in Bordeaux. Black as a moonless night, the 2009 Pontet Canet offers up notes of incense, graphite, smoke, licorice, creme de cassis and blackberries. A wine of irrefutable purity, laser-like precision, colossal weight and richness, and sensational freshness, this is a tour de force in winemaking that is capable of lasting 50 or more years. The tannins are elevated, but they are sweet and beautifully integrated as are the acidity, wood and alcohol (which must be in excess of 14%). This vineyard, which is situated on the high plateau of Pauillac adjacent to Mouton Rothschild, appears to have done everything perfectly in 2009. This cuvee should shut down in the cellar and re-open in a decade or more. Anticipated maturity: 2025-2075. 」 ( 抜粋 )

Chateau Pontet Canet [2009]






2年連続 パーカーポイント WA:100点確定
このヴィンテージは、今が買い時!


◆ [WA:100点/WS:96〜99点] シャトー・ポンテ・カネ [2010]
  参考税込価格 19,729 円・送料別


 2年連続 パーカーポイント WA:100点満点ワイン
 Le Guide des Meilleur Vins de France 2013年版:五大シャトー同格★★★3つ星生産者、2010年 20/20点満点
 ワインスペクテイター誌 2013年3月31日号 WS:97点 , 飲み頃:2020〜2040年
 ステファン・タンザー氏 インターナショナルワインセラー ( 2013年8月号 ) IWC:95点+


 Chateau Pontet Canet [2010] AOC Pauillac Grand Cru Classe du Medoc en 1855
 生産者:テスロン家
 生産地:ボルドー、メドック、ポイヤック
 格 付:AOCポイヤック、格付第5級、メドック・グラン・クリュ・クラッセ
 品種・セパージュ:メルロ30%、カベルネ・ソーヴィニヨン65%、カベルネ・フラン4%、プティ・ヴェルド1%
 アルコール:14.5%
 タイプ:赤、辛口、フルボディ
 備 考:2010年のボルドーの左岸からは、活気のあるタンニンと素晴らしい酸を備えた、良く熟して力強く、贅沢な 2009ヴィンテージよりも一層構造的で、非常に長命な赤ワインが誕生し、カベルネ・ソーヴィニヨンは、秀でていました。
 ワイン・アドヴォケイト・ヴィンテージガイド(オー・メドック):98点
 スペクテイター・ヴィンテージ・チャート(左岸):96〜99点

 R. パーカー氏 評価(2011.5)
 「 所有者アルフレッド・テスロン氏のとても多くの最近のヴィンテージのように、ポンテ・カネの 2009 と 2008 ヴィンテージが、そうであったように、第1級格付けの品質を持ち、それは、第1級のいくつかを凌ぐと論じる者さえいるほどです。 縁まで濃厚な紫の色、クレーム・ド・カシスや鉛筆の芯(黒鉛)、微妙な煙りのような、春の花々の古典的な香りを放ち、どっしりした凝縮感のある多次元性があるのは勿論、活き活きとした純粋性、精密性や新鮮味も備わり、これは、全てを公平に取り扱う、何かに憑かれたような執念を持った生産者のもう一つの驚くべき力作です。 マイナスな点としては、この2010ヴィンテージが、1年の熟成を必要とし、更に50余年は、向上するだろうということ、2009 と 2008 ヴィンテージと並んで、うっとりするほど魅力的です。 予想飲み頃:2021年〜2061年頃。 」

 『 ワイン・アドヴォケイト誌 #205 2013年2月28日号 』 抜粋 ロバート・パーカー氏評 WA:100点 確定
 「 An absolutely amazing wine, from grapes harvested between the end of September and October 17, this blend of 65% Cabernet Sauvignon, 30% Merlot and the rest Cabernet Franc and Petit Verdot has close to 15% natural alcohol. It comes from one of the few biodynamic vineyards in Bordeaux, but you are likely to see many more, given the success that Tesseron seems to be having at all levels, both in his vineyards and in his fermentation/winemaking. An astounding, compelling wine with the classic Pauillac nose more often associated with its cross-street neighbor, Mouton-Rothschild, creme de cassis, there are also some violets and other assorted floral notes. The wine has off-the-charts massiveness and intensity but never comes across as heavy, overbearing or astringent. The freshness, laser-like precision, and full-bodied, massive richness and extract are simply remarkable to behold and experience. It is very easy, to become jaded tasting such great wines from a great vintage, but it is really a privilege to taste something as amazing as this. Unfortunately, it needs a good decade of cellaring, and that’s assuming it doesn’t close down over the next few years. This is a 50- to 75-year wine from one of the half-dozen or so most compulsive and obsessive proprietors in all of Bordeaux. Is there anything that proprietor Alfred Tesseron is not doing right? Talk about an estate that is on top of its game! Pontet-Canet’s 2010 is a more structured, tannic and restrained version of their most recent perfect wine, the 2009. Kudos to Pontet-Canet! 」

「 全く驚くべきワイン、9月末〜10月17日の間に収穫される葡萄から、カベルネ・ソーヴィニヨン65%、メルロ30%、残り(5%) カベルネ・フランとプティ・ヴェルドのブレンドは、約15%の天然アルコールを持っています。 それは、ボルドーの少ないバイオ・ダイナミック葡萄園の1つから来ます、あなたが、より多くたぶん見ることになっています、テスロン氏がすべてのレベルで持つように成功を与えられます、彼の葡萄園に、そして、彼の発酵/ワインメーキングにです。 仰天するほどの、古典的なポイヤック・ノーズによる有無を言わさぬワインは、その交差道路の隣人である、ムートン・ロートシルト、と よりしばしば 関連して、クレーム・ド・カシスもまた、若干のスミレと他の多彩な花のノートもあります。 ワインは、チャートを離れた高い量感と強さを持ちますが、しかし、ヘヴィで、高圧的で、あるいは、激しい収斂性(の渋さ)は、決して伝わりません。 新鮮さ、レーザーのような精度、そして フルボディ、大きい豊かさと抽出物は、シンプルで、経験と見るための注目に値します。 それは、非常に簡単です、偉大なワインのグレート・ヴィンテージからのようにうんざりしてテイスティングすることになりますが、これと同じくらい素晴らしい何かを試飲することは、本当に特権です。 残念なことに、それは、地下室に貯える楽しい10年を必要とします、そして、それは、ここ数年の間、閉鎖しないと仮定しています。 これは、ボルドー全土の中で、半ダースのひとつ、または、 最も衝撃的な、そして、強迫観念的な所有者からの50〜75年のワインです。 所有者アルフレッド・テスロン氏が、正当でないという何かが、ありますか? そのゲームの上にあるエステートについて話してください! ポンテ・カネ 2010 は、彼らのごく最近の完全なワイン ( 2009年 ) よりも体系化された、タンニン性、抑制されたバージョンです。 ポンテ・カネに称賛! 」

Chateau Pontet Canet [2010]





◆ [WA:90-92点] シャトー・ポンテ・カネ [2013]
  参考税込価格 11,857 円・送料別


 Chateau Pontet Canet [2012] AOC Pauillac Grand Cru Classe du Medoc en 1855
 生産地:フランス、ボルドー、ポイヤック(Pauillac)
 セパージュ:カベルネ・ソーヴィニョン62%、メルロー32%、カベルネ・フラン4%、プティ・ヴェルド2%

  シャトー・ポンテ・カネ [2013] 評価
 パーカーポイント WA:90-92点



◆ [WA:93点] シャトー・ポンテ・カネ [2012]
  参考税込価格 11,858 円・送料別


 Chateau Pontet Canet [2012] AOC Pauillac Grand Cru Classe du Medoc en 1855

  シャトー・ポンテ・カネ [2012] 評価
 erobertparker.com ( 2015年4月号 ) R.パーカー氏 [WA:93点] 飲み頃:今〜2035年
 ベタンヌ&ドゥソーヴ ★★★★ 4つ星
 レ・メイユール・ヴァン・ド・フランス( 旧 ル・クラスマン ) 満点 ★★★ 3つ星




◆ [WA:93+点/WS:92点] シャトー・ポンテ・カネ [2011]
  参考税込価格 10,778 円・送料別


 ワインアドヴォケイト誌 パーカー氏自ら “ Big, rich, round and generously endowed ”
 WA #212 パーカーポイント WA:93+点 , 飲み頃:2017〜2037年
 Le Guide des Meilleur Vins de France 2013年版:五大シャトー同格★★★3つ星生産者、2011年 18/20点
 ワインスペクテイター誌 2014年3月31日号 WS:92点
 ステファン・タンザー氏 インターナショナルワインセラー ( 2013年5月号 ) IWC:91-93点
 ベタンヌ&ドゥソーヴ 2014年版 4B&Dマーク、19/20点 ( 2010年と同点 )


 Chateau Pontet Canet [2011] AOC Pauillac Grand Cru Classe du Medoc en 1855
 生産者:テスロン家
 生産地:ボルドー、メドック、ポイヤック
 格 付:AOCポイヤック、格付第5級、メドック・グラン・クリュ・クラッセ
 品種・セパージュ:メルロ35%、カベルネ・ソーヴィニヨン60%、カベルネ・フラン4%、プティ・ヴェルド1%
 アルコール:
 タイプ:赤、辛口、フルボディ
 味わい:クレーム・ド・カシスやブラックベリーなどの黒系果実のフレッシュ&濃厚で凝縮した香り、強烈な果実香の中から、時間が経つにつれスミレなどのフローラルな香りや、トーストのようなニュアンス、2011年らしい甘いタンニンが大変心地よく、果実のピュアさとミネラルが絡み合うリッチでまろやかテイストです

 Wine Advocate #212 (2014-04-30)レヴュアー:Robert Parker 飲み頃:2017〜2037年
 「 Proprietor Alfred Tesseron-s 2011 Pontet-Canet is packaged in an engraved, heavy bottle, which only adds to the attractiveness of this beauty. A dense purple color is accompanied by notes of forest floor, acacia flowers and creme de cassis in this full, rich, and unequivocally classic Pauillac. With soft but noticeable tannins as well as a complete, full-bodied mouthfeel, this 2011 will benefit from 3-4 years of cellaring, and should age effortlessly for 15-20 years. Bravo! 」

 「 所有者アルフレッド・テスロン氏の 2011 ポンテ・カネは、彫られた、重いビンで包まれます。 そして、それは、この美しさの魅力を増すだけです。 濃い紫の色には、この完全で、豊かで、明解に古典的なポイヤックで、林床、アカシアの花とクレーム・デ・カシスのノートが付いてきます。 柔らかいが、目立つタンニンならびに完全な、力強い口あたりで、この2011年は、地下室に貯える3〜4年から利益を得て、15〜20年の間たやすく熟成するでしょう。 ブラヴォ! 」

 2011 ヴィンテージ・テクニカルデータ
 Spring came early, spurring the vine to vigorous growth. Hot and dry conditions brought smiles to winemakers, keeping disease down and raising hopes for an early harvest―both classic signs of a good vintage. Flowering arrived especially early, around mid-May, under very dry conditions; this often results in fewer grape bunches and small berries. Then, nature changed plans and sent us a more nuanced summer, raising hopes for a true Bordeaux vintage―ripe, fresh and balanced. A few showers in September brought worries that disease might develop in the grapes. Happily, an indian summer stabilized the situation. Of course, sorting the grapes was necessary, but our cellars equipped with twin sorting lines are designed to handle this. In the end, the vats were filled with a harvest that was impeccably healthy and completely ripe. As in previous years, extraction was particularly easy. A small detail: over half of the harvest was brought to the vat house by our horses, who the rest of the year are at work in an ever-growing part of the property.

 Harvests : September 15 to September 29
 Grape Variety : Merlot : 35 %, Cabernet Sauvignon 60 %, Cabernet Franc 4 %, Petit-Verdot 1 %
 Ch ・teau Pontet-Canet 2011 - Tasting Notes :
 Very deep color. Fresh aromas possessing an incredible purity, with mineral, fruit, and flower notes which come together harmoniously. In the mouth the wine shows impressive finesse with silky tannins.
This is an enchanted meeting of a great terroir with biodynamics.

 ( 参考:pontet-canet.com )

Ch Ponte-Canet 2011





CH PONTET CANET 2005


 国際価格よりもお買い得、税込価格9,954 円・送料別
 2008年ワイン・スペクテイター誌:TOP100 第7位 [96点]
 R.パーカー氏 [WA:96+点] ラトゥール と完全同格、ムートン 、 シュヴァル・ブラン に完勝
 アメリカでは、150〜180ドル、飲み頃予想: 2017〜2040年、長期セラー熟成向き・ボルドーワイン

◆ [WS:96点/WA:96+点] シャトー・ポンテ・カネ [2005]
  参考税込価格 9,954 円・送料別


 Chateau Pontet Canet
 品 種:カベルネ・ソーヴィニョン73%、メルロー15%、カベルネ・フラン10%、プティ・ヴェルド2%
 産 地:フランス・ボルドー地方・オー・メドック地区・ポイヤック村
 味わい:辛口・フルボディ
 格 付:第5級
 アペラシオン:ポイヤック
 栽培面積:78.9ha
 作付比率:CS 60% ME 33% CF 5% PV 2%
 セカンドラベル:レ・オー・ド・ポンテ
 オーナー:ギ・テスロン家

シャトー・ポンテ・カネ
 [ ラトゥール ] 、 [ ムートン ] 、[ラフィット] に代表されるグラン・ヴァンがひしめく、ボルドー 『 ポイヤック村 』 の中心から、北西1kmほどの場所にあるシャトーです。
 18世紀初頭、当時、この地域の葡萄畑の所有者だったメドック知事 『 ジャン=フランソワ・ド・ポンテ 』 氏の後継者が、近辺の 『 カネ 』 と呼ばれる土地を購入したことに始まり、シャトーの名称もポンテ家のカネから生まれました。
 100年後、1855年の格付では、第5級格付を得ました。 その後、1865年、当時のボルドーのワイン商だった 『 クリューズ家 』 のヘルマン・クリューズ氏が、シャトーを購入。 約110年間、シャトーを代々継承すると共に、新しい醸造所の建設など設備を近代化し、一時は、2級シャトー並の価格で取り引きされていた時期もありました。
 シャトー元詰めをするようになったのは、1972年のこと、それまで長年ヴィンテージも表示しないまま、常にポンテ=カネの名でフランス国鉄にまとめ売りしていたことが、1975年に至って、クリューズ社が ブレンドやラベリングの慣行を無視していることが 裁判で明るみに出され、同社は、シャトーを売却せざるを得なくなります。 1974年のワイン大暴落時に 所有していた [ ローザン・セグラ ] , [ ジスクール ] , [ ディッサン ] などを売却。 1975年、 「 シャトー・ポンテ・カネ 」 だけは、娘婿でコニャックのワイン商 『 ギ・テスロン氏 』 に売却し、今なおその関係を維持しています。 ギー・テスロン氏が買い取った後、息子のアルフレッド氏に管理を任せ、今日に至ります。
 現在は、ギー・テスロン氏の息子 『 アルフレッド氏 』 と 『 ジェラード氏 』 の二人三脚によりシャトーは、運営されています。 「 シャトー・ポンテ・カネ 」 の特徴は、時代にとらわれない力強いタンニンに溢れ、長期熟成を要する古典的スタイルにあります。 イギリス 「 デカンター誌 」 は、最も品質が向上した10シャトーの一つに選出するなど、今の当主になって、特に 1994年以降、シャトーの評価は、向上しています。 今流行の醸造コンサルタントなどに頼ることなく、 [ ムートン ] に隣接する好立地のテロワールを忠実にワインへ反映することで成功を収めています。

 オーナーのアルフレッド・テスロン氏は、ボルドー左岸において、この10年間で最も注目すべき大転換を行ってきた一人です。 ポンテ・カネのクオリティの上昇は、既に 第五級を超えています。 CH.ムートン・ロートシルト や CH.ラトゥール のようなポイヤックは、値段が非常に上がっていますが、ポンテ・カネは、パワフルで、長期熟成に耐えるとても丁寧なつくりで、砂利質の厳しい土壌をよく表現しています
  ( 参考:ワインスペクテイター HP 抜粋 )

 醸造責任者ジャン・ミシェル・コム氏の提案で 2004年にビオディナミを導入し、2005年から100%転換。 エコセール、ビオディヴァンの認証を得て、まもなくデメテールの認証が下りるそうです。 左岸の格付けシャトーで唯一です。 耕作用の馬は、7頭飼育していて、81ha の45%をカバーしています。 コンサルタントは、ミシェル・ロラン氏ですが、熟成は、新樽100%ではなく、2012年から導入したアンフォラ 35%、使用済み樽 15%、新樽 50%。 卵型のコンクリート発酵槽は、導入後中止。 900L のアンフォラは、シャトーで製造しており、100区画ある葡萄栽培地の土壌の違いに合わせて、中心素材となる粘土に砂利や石灰を混入しています。 カベルネ・ソーヴィニヨン用は、砂利を混入、メルロ用は、石灰を混入。 ビオディナミや馬による耕作を始めてから既に10年、残留農薬・除草剤・化学肥料の残留濃度も大地からほぼ抜けた状態にありますから、今後が真のポイヤックのテロワールを表現する味わいになることだろう。 ビオディナミに転換すると、味わいが深く、複雑になり、果実味は純粋に、タンニンは柔らかくなります。 アンフォラを導入したのは、樽の香りがつかないからで、ビオディナミへの転換によって生まれた果実の純粋さを大切にしているそうです
 ( 参考:世界の最新ワインニュースと試飲レポート 山本昭彦氏 ワインジャーナリスト )


「 第三級シャトーに相当する 」 と、ロバート・パーカー Jr. 氏の評価

  公式の格付は、第五級の 「 シャトー・ポンテ・カネ 」 ですが、パーカー氏は、このシャトーを 「 第三級に相当する 」 と評価しています。 ボルドーメドック格付は、ブルゴーニュ地方のように畑にではなく、シャトーそのものに対して行われます。

 << ボルドーメドック地区の格付 >>
 第1級シャトー プルミエ・クリュ   5軒
 第2級シャトー ドゥジェム・クリュ  14軒
 第3級シャトー トロワジェム・クリュ 14軒
 第4級シャトー カトリエム・クリュ  10軒
 第5級シャトー サンキエム・クリュ  18軒

 レ・メイユール・ヴァン・ド・フランス( 旧 ル・クラスマン ) 誌 [ Le Guide des Meilleur Vins de France ] は、五大シャトーと同格評価 ★★★ 3つ星満点生産者に格上げしている
 ことなどから、ボルドーメドック格付の中で 「 スーパーセカンド 」 ならぬ、

 ウルトラサンキエム ” または、“ ウルトラフィフス

 と、呼ばれるにふさわしい 唯一のシャトー だと判断します。 自分は、“ スーパー ” のさらに格上を表現する称号として、 “ ウルトラ ” = “ ただひとつのシャトーだけに与えられる称号 ” にふさわしい、次世代を見据えて舵をとった、 シャトーだと評価します。 そして、価格は、ポイヤック 第一級シャトーの約1/4で入手できます。




 噂によると現在は、ビオロジック導入のテスト段階に入っているといいます。
 2014年現在、既に、ビオディナミ農法を定着させ、樽によらないアンフォラによる熟成も進行中です。


 ( 内緒の話 )
 「 実を言うと、ボルドーワインが、好きでない自分の本音、ボルドーワインは、一応に肥料臭いからです。 農家に育ったものですから、堆肥・肥やし、化学肥料、腐葉土、藁、おがくず、もみがらなどの植物系腐敗臭と言うのは、悪い意味で敏感に反応します。 煙草の葉っぱなどもそうです。 樹木のスモーク・炭・燻した匂いにも敏感です。 これらは、嫌いな匂いです。 好みではありません。 ですから、ボルドーファンには、到底なれません( あのハートのマークなんかは、ほんとに田舎臭かった、堆肥、肥料のやりすぎです ─ 「 土 」 本来のミネラル感ではなく、肥料の匂い、腐葉土 ( 「 フランスの腐葉土 」 と言う言葉による言い訳ではなく、日本の腐葉土や堆肥をありのままイメージしてください ) 臭、化学物質の味、化学調味料と同じで、舌が痺れるような香辛料、コショー、辛み、苦み、渋み、タンニンが強く、果実味が前面に出て来ない、フルーティさやフローラル感が、前面に表現されず、タールや燻した樹木、針葉樹系の尖った鼻に刺す匂いなど ─ 、価格が高いから良質のワインだなどと言っている通販店は、信用できません。 ソムリエの資格を持っていてもボルドーワインに対して、ブランド名に溺れて、自分の味覚に自信のない人は、盲目的に、ボルドーワインをほめそやします。 だが、その実態は、農薬・化学肥料・除草剤などの汚染ワインがほとんど、ほんのひとにぎりのシャトーだけが オーガニックであり、さらに、わずかなシャトーだけが、自然の力、植物自体、葡萄自身の力を信じて、施肥をぎりぎり最小限度の量まで抑えて、葡萄栽培を行っています ) 。
 よほど、オーガニックな有機肥料を最小限度に施肥しない限り、あの手のボルドーワインを飲むことは、まずないでしょう。 それに反して、南仏、スペイン、アルゼンチン、チリなどの葡萄栽培環境の良いところは、施肥そのものをしません。 あるいは、ハーブを最低限度オーガニック肥料として施肥するくらいです。 お米もそうですが、施肥すれば良いというものではありません。 このノウハウは、農業をよく知らない限りできません。 単なるワイン評論家・ワインラヴァーでは、到底理解できない世界でしょう。 極限まで、施肥する量を少なくすることが、大切なことです。 植物自身の成長を促すこと、自然の力を信じるところからはじまります。 そうしないと、果実本来・土地 [ テロワール ] の味わいよりも、人工的肥料の風味が、強くなってしまうからです。 自分の価値判断からすると、そういったワインは、果実酒本来の価値が低くなります。 ピュアではありませんから、芳香もよくありません。 素性の良いワインと言うものは、芳香も高く、ピュアです。 芳香を重要視していないワイン関係者は、有機的葡萄栽培農法 と ワイン醸造方法のルーツを知らないのと同じです。 つまり、古代からの錬金術を知らないと言うことになります。 葡萄栽培、アルコール発酵、醸造、熟成とは、錬金術の副産物です。 言い換えれば、 バイオダイナミック農法 = ビオディナミ( オーガニック ) とは、小さなるつぼ( 坩堝 )の中から飛躍して農地フィールドを実験場にした錬金術ということになります。  」





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
▼URL「Wine Rank Best 30」
http://winebeer.jugem.jp/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



JUGEMテーマ:ワイン

スポンサーサイト

  • 2018.09.08 Saturday
  • -
  • 05:37
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   

葡萄樹液化粧品ハーベリィアースストーリー.jpg

【 極上ピノ・ノワール6本セット 】

<< 推奨北米加州 >>

HAHN CP

<< 推奨 チリ >>

clos des fous cp.jpg

ANAKENA-rogo

Bisquertt-sbc

<< 推奨アルゼンチン >>
Catena-Zapata-rogo

CHAKANA-rogo

CHACRA-CP

EL ESTECO DON DAVID spc.jpg

BODEGAS SALENTEIN-S-Rogo

VINA COBOS s-rogo

最近の記事

カテゴリー

別荘のシェアリング:募集期間 6月28日(木)ご宿泊分まで << 1日限定30組まで >> キャンペーン特別価格 「月曜日〜木曜日まで、一泊二食付500円」



★ 上記お申込み&参加条件:
・40歳以上で、既婚者の方はご夫婦、及び、ご夫婦を含むご家族。
・世帯主の年収が 500万円以上、又は、夫婦合算で年収 800万円以上の方。
・友人同士の参加は不可。
・定年退職の方は、「 持ち家 」の方、もしくは 金融資産(株式・預貯金)1,000万円以上の方。
・自営業の方は、年商ではなく、個人年収が、500万円以上の方。
・現地で行われる60分程度のご説明会へ既婚者の方は、必ずご夫婦でご参加頂ける方。
お約束:体験宿泊をされたからといって商品を強要すること、体験宿泊された後、 しつこく電話することは、一切ございません。 ご興味のある方は、どうぞご安心してご参加ください。
  ポイントバケーションリロ

マイブログリンク

プロファイル

モバイル

qrcode

search this site.

sponsored links

others

powered

みんなのブログポータル JUGEM