ソーテルヌ極甘口貴腐ワイン愛好家にお薦め:2005年 グレート・ヴィンテージに パーカーポイント WA:96点 、ワイン・スペクテーター WS:96点 お買い得バリューデザートワインです

Chateau Rieussec headder


  7年熟成バックヴィンテージ
◆ [WA:96点 ⇒ 97点 / WS:96点]
  シャトー・リューセック ソーテルヌ 1er グラン・クリュ・クラッセ [2005]
  参考税込価格 8,618 円・送料別


 Chateau Rieussec Sauternes Fargues 1er Grand Cru Classe
 生産者:ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト メドック格付第1級 シャトー・ラフィット・ロートシルト
 生産地:フランス、ボルドー、ソーテルヌ ファルグ地区
 格 付:A.O.C. ソーテルヌ格付第一級
 品 種:セミヨン90%、ソーヴィニヨン・ブラン8%、ミュスカデル2%
 収 量:15hl/ha
 熟 成:オーク樽18ヶ月間熟成
 タイプ:白、極甘口、貴腐、フルボディ

 2005年のソーテルヌ地区ヴィンテージ評価:1897年以降、最も雨の少なかった年
 ロバート・パーカー氏のヴィンテージチャート:ソーテルヌ WA:96T点 グレート・ヴィンテージ
 マイケル・ブロードベント氏のコメント、
 「1921年と1989年に匹敵するが、どちらもソーテルヌの偉大なヴィンテージだった。」

 シャトー・リューセック [2005] の評価 - ワイン評論家 ロバート・パーカー氏
 パーカーポイント [WA:96点] ⇒ 2017年に上方修正 [WA:97点]

 ワイン・スペクテーター誌 [WS:96点]

 マイケル・ブロードベント氏 ★★★★★ 満点5つ星
 「 芳香がやや力強く、アプリコット、非常に甘く非常にリッチ、クリーミーで完全 」

 ベタンヌ&ドゥソーヴ 4B&Dマーク
 「 驚くほど力強くとてつもない将来性、桁外れに良かったヴィンテージのクラシックワインの一つ 」

 「 ラフィット・ロートシルトが、買収して以来、リューセックは、ソーテルヌの正当なスーパースターになった。 」
 と、ロバート・パーカー氏はコメントし、2001年にパーカーポイント [WA:99点] を与えました。 数世代にわたり シャトー・リューセック は、ソーテルヌ・ワインの最高峰と言われ、1868年の時点で、チャールズ・コックス氏は、
 「 他のどのシャトーにも増して、リューセックは、シャトー・ディケムとの類似性の高いワインを造る 」
 と、語っています。

 ワイン王国 特集記事 抜粋
 「 その後、エリック・ロートシルト氏によって買収されたこのシャトーは、とりわけ、支配人シャルム・シュヴァリエ氏の入念な努力によって、再構築された。 シュヴァリエ氏は、現在 " シャトー・ラフィット・ロートシルト " のディレクターだが、この " リューセック " も監督し続けている。 このワインは、非常に濃厚で芳醇で、ふくよかな甘味がある。 貴腐に由来するアロマは、若いころは他のクリュに比べると、やや繊細さに欠けるきらいがあるが、 " リューセック " 特有の豪華な味わいが出てくる熟成後に挽回する。 」

 D. ペッパーコーン氏は、シャトー・リューセックについて
 「 ソーテルヌでは、イケムに次ぐ小高い丘になっている恵まれた場所にある。 畑は、ソーテルヌの村にあるが、建物のほうは、ファルグにある。 ここの土壌は、とくに砂利が多い。 リューセックは、昔からソーテルヌで最高のクリュのひとつといわれ、傑出したブーケとかなり密度の高い風味をもつ一方、きわだった優雅さを誇り、一部のワインほど甘ったるくない、偉大な個性を備えたワインを造りつづけてきた。 」
 
 ソーテルヌ随一 他に類を見ない力強さ、2001年 スペクテイター [WS:100点] 満点、パーカーポイント [WA:99点] を獲得した。 シャトー・イケムの隣人であり、昔からソーテルヌで最高のクリュといわれる “ シャトー・リューセック ” ─ ロバート・パーカー氏 満点5つ星 ★★★★★ 生産者。
 甘口貴腐ワインの憧れソーテルヌ、特級格付シャトー・ディケムと同格でありながら価格は、ディケムの約1/5という超お買い得極甘口貴腐ワイン、2009年、2005年、2003年 と、2001年に続く近年まれにみるグレート・ヴィンテージです。 時価約 9 万円の シャトー・ディケム R.PARKER Point WA:95-98点 に肩を並べる シャトー・リューセック [2005] が、約1/12の 8,618 円 。 専門家の間でもヴァリュー・ソーテルヌと、お買い得貴腐ワイン間違いなしです。

シャトー・リューセック:Chateau Rieussec
 「 ソーテルヌ・アペラシオンの中心部に近づくと、シャトー・リューセック と その見晴らし台が、最も高い丘の斜面に見えてくる。 ガロンヌ河の左岸を見下ろすファルグ と ソーテルヌの丘の斜面に広がるリューセックの畑は、イケムに次ぐ標高にあり、単一区画の畑となっている。 リューセックは、常に傑出した評判を得てきたが、1971年、アルベール・ヴュイエール氏に買い取られてからは、新樽が増えたことと、ボトリティス菌が多い葡萄だけを収穫するため より頻繁に畑へ出るようになったことから、品質が大幅に改善された。 実際、批評家のなかには、ヴュイエールのワインは、熟成すると色があまりにも濃くなりすぎる( たとえば、1976年もののように )と主張する者もいた。 ヴュイエール氏は、1984年、大半の権利をドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト ( シャトー・ラフィット・ロートシルト ) に売却した。 ロートシルトは、リューセックのワイン造りのためなら金を惜しまず妥協を許さなかった。 その結果、1986年以来、現在では、このアペラシオンの最高の6本に数えられるほど真に深みのあるワインができ上がった。 おそらく、裕福なコレクターたちは、この10年間では、 1988年( WA:94点 )1990年( WA:94点 )2001年( WA:99点 ) のいずれかが、最も深みのあるリューセックを生産した年であると主張するだろう。 ロートシルトが、所有者である限り、リューセックのスタイル(力強さと、ほとんどローストされたといってもいい豊かさのスタイル)は、まず変わりそうにない。 このワインは、通常、深みのある色と秀逸な粘りけを持ち、総じてアルコール度数が高い。 リューセックは、バルサックとソーテルヌのほかのいくつかのシャトーと同じく、 「 クレーム・ドゥ・テット 」 というラベルのもとに、退廃的に豊かで、濃く凝縮されたワインをわずかな量だけ生産している。 このまれに見るとろりとしてなめらかな美酒に出会うことがあったら、ぜひ試して欲しい。 リューセックは、また、 「 R 」 と呼ばれる辛口の白ワイン を造っている。 このようなワインは、キャッシュ・フローの問題を解決してくれ、「 R 」 は、辛口のソーテルヌのなかで最もポピュラーで最良のワインのひとつである。 」
 ≪ ─ 講談社 『 BORDEAUX ボルドー 第3版 』より抜粋 ─ ≫

 格 付:第一級(1855年)
 畑の位置:ファルグ・ドゥ・ランゴン Fargues de Langon
 所有者:シャトー・リューセック Chateau Rieussec S.A.
     ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト Domaines Barons de Rothschild
 面 積:75ha
 平均樹齢:33年
 ブレンド比率:セミヨン90%、ソーヴィニョン・ブラン7%、ミュスカデル3%
 密植度:7000本/ha
 平均産出量(過去5年間):20hl/ha
 平均年間生産量:8万本
 醸造法:新樽70%、樽発酵、熟成24ヶ月後に瓶詰め、卵白清澄処理、濾過処理
 現在の格付評価:1984年、ロートシルトが取得以降、一層 品質向上、ソーテルヌ最良の6本のひとつ
 飲み頃のピーク:ヴィンテージにより 6〜25年以上

Chateau Rieussec Sauternes Fargues GCC 2005






★ Wine Advocate #188 (2010-04-27)パーカー高得点
  2009年 ソーテルヌ 超優良ヴィンテージ


 シャトー・シュデュイロー 2009 WA:97-99点
 シャトー・ディケム 2009 WA:96-98点
 シャトー・クリマン 2009 WA:96-98点
 シャトー・ドワジ・デーヌ 2009 WA:96-98点
 シャトー・クーテ 2009 WA:96-98点
 シャトー・リューセック 2009 WA:95-97点
 シャトー・ギロー 2009 WA:94-96点


◆ [WA:95-97点]
  シャトー・リューセック ソーテルヌ 1er グラン・クリュ・クラッセ [2009]
  参考税込価格 8,967 円・送料別


 Chateau Rieussec Sauternes Fargues 1er Grand Cru Classe
 生産者:ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト メドック格付第1級 シャトー・ラフィット・ロートシルト
 生産地:フランス、ボルドー、ソーテルヌ ファルグ地区
 格 付:A.O.C. ソーテルヌ格付第一級
 品 種:セミヨン90%、ソーヴィニヨン・ブラン8%、ミュスカデル2%
 収 量:15hl/ha
 熟 成:オーク樽18ヶ月間熟成
 タイプ:白、極甘口、貴腐、フルボディ

 『 ワイン・アドヴォケイト誌 188号 』 より抜粋 WA:95〜97点
 「 The minerality and stoniness really comes through on the nose of this Rieussec, more than the 2007. The palate is very well balanced with superb acidity, real tension, steely with great precision with notes of apricot, white peach and honey on the beautifully defined finish. Probably the best Rieussec since the astounding 2001. 」

Chateau Rieussec Sauternes Fargues GCC 2009






☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
▼URL「Wine Rank Best 30」
http://winebeer.jugem.jp/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆





JUGEMテーマ:ワイン


スポンサーサイト

  • 2017.09.19 Tuesday
  • -
  • 06:54
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   

purihari3bai-葡萄樹液.jpg

【 世界のピノ・ノワール5本セット 】

<< 推奨北米加州 >>

hahn-rogo

<< 推奨 チリ >>

CLOS DES FOUS rogo.jpg

ANAKENA-rogo

Bisquertt-sbc

<< 推奨アルゼンチン >>
Catena-Zapata-rogo

CHAKANA-rogo

CHACRA-CP

EL ESTECO DON DAVID spc.jpg

BODEGAS SALENTEIN-S-Rogo

VINA COBOS s-rogo

最近の記事

カテゴリー

マイブログリンク

プロファイル

モバイル

qrcode

search this site.

sponsored links

others

powered

みんなのブログポータル JUGEM