スペインの錬金術師・医者であるアルノー・ド・ヴィルヌーヴ [ Arnaud de Villeneuve ]

Arnaldus de Villa Nova , Arnaud de Villeneuve
スペインの錬金術師と医者であるアルノー・ド・ヴィルヌーヴ
( 1235年:バレンシア〜1311年:ジェノバ )



Fortified Wine and Arnaudd de Villeneuve
 酒精強化ワインのひとつ、ヴァン・ドゥー・ナチュレルの製法は、13世紀モンペリエ大学のアルノー・ド・ヴィルヌーヴ [ Arnaldus de Villa Nova , Arnaudd de Villeneuve ] によって、確立されました。

 ラングドック・ルーションやコート・デュ・ローヌ地域で一般的製法となりました。
 酒精強化ワインは、醸造過程でアルコール[alcohol]
 { エタノール [ Ethanol ] ,エチルアルコール [ ethyl alcohol ] ;C2H6O, 酒精}
 を添加することでアルコール度数を高めたワインのことです。
 通常、フォーティファイド・ワイン [ fortified wine ] と呼ばれ、赤・白ワインともに作られています。
 アルコールの語源は、アラビア語の定冠詞 「al-」 から由来し、12世紀頃イスラム社会の錬金術を大衆向けに翻訳した多数のヨーロッパ翻訳者によって、蒸留技法・蒸留物と共に西欧に紹介されました。

 アルノー・ド・ヴィルヌーヴは、錬金術師、占星術師、医者でもありました。カタロニア起源、化学、医療、物理学、アラビア哲学を勉強されたようです。

 バレンシア近郊のカタロニアで生まれました。キリスト教徒のスペイン・レコンキスタ:Reconquista 「 再征服 」 が強さを得ていたけれども、 (イベリア半島のイスラム教徒からの解放運動は、711年のイスラム軍の侵攻後に始まり、1492年のグラナダ陥落で完了しました。) 当時はまだ、スペインの多くがイスラム支配中でした。

 1094年 エルシドの中で、レコンキスタの鍵となる闘争のうちの1つは、アルノードの故郷で起こり ( ロドリーゴ・ディアス,1043-1099c ) 、アラブ勢力に対する重要な勝利を得る初のキリスト教リーダーになりました。

 アルノードは、ドミニコ修道士によって教育され、ナポリで薬をよく観察しました。
 彼は、それから彼の患者の間で医学的に成功しました。王、教皇、他の高官の中で、スペイン、フランス、イタリア、北アフリカ中至る所に広く旅行しました。
 この結果、彼は、アラビア語、ギリシア語とラテン語のほか実質的にすべての西洋の科学的な情報が書かれた4つの言語(ヘブライ語以外の)といくつかの言語に堪能になりました。アラゴンの宮廷に住んだ後、彼は、パリに行きました。
 アルノードは、錬金術にいくつかの著作を書きました。彼の最も有名なものは、「Treasures Rosarius philosophorum:哲学者のロザリオの祈りの宝」でした。
 1285年、アラゴン王ピーター契い忙鼎┐晋紂彼は、アラゴン王国管理下の南フランスにあるモンペリエ大学の椅子を与えられました。
 モンペリエで勉強し、そこの医療マスター:講師と医者になりました。彼の観察と信頼される経験は、古代書の試されてない語より信頼できました。
 彼は、モンペリエで医学カリキュラムを手伝い、いくつかの重要なアラビア医学テキストを翻訳し、医療と天文学について著作しました。
 そこで、彼のアルコール観察に対する依存と処置、使用のためだけでなく、食物の処方のためにも研究しました。
 彼の医療は、王族と教皇から需要がありました。 彼は、ピーター契いらタラゴナの城を受けて、ピーターの息子(ジェームズ鏡ぁ砲里気に入りになりました。
 彼の変わった宗教的な意見はしばしば自身をトラブルに巻き込みました。
 1299年、ジェームズによってアルノードは、聖務省命令で逮捕されました。そして、当局が宗教裁判所を指揮しました。容疑は異教でした。原因は、彼が反キリストを議論した特定の著作でした。彼は、懲役1年以上を過ごしました。
 しかし、彼の実用的な医学技術のため保護を受けました。
 教皇ボニファチオ疾い隆馨弔肇侫薀鵐慌Ε侫リップ犬瞭きかけで1301年、彼は解放されました。
 彼は、現代医療の発達の有力な人物でもありました。
 アルノードは、さらに10年生きました。その間、彼はナポリで錬金術師レーモン(Lulle,1235〜1316c.)に会いました。そして、最終的にシシリーの精神病院に落ち着きました。

 1313年、彼は、シシリーから教皇クレメンスV世(病気でした)によってアビニョンへ召喚されましたが、その航海中に死亡しました。遺体は、ジェノバに埋められました。

 彼は、いくつかの医学テキストをアラビア語から翻訳されたと思われます。
Ibn Sina (イブンシーナ:アヴィケンナ) 、Qusta ibn Luqa (Costa ben Luca) 、Galen(ガレノス) による作品を含みます。
 イブンシーナもガレノスもアロマテラピーにおける先哲であり、錬金術に深く関わる人たちです。

 多数の錬金術著作(Thesaurus Thesaurorum,Rosarius Philosophorum,Novum LumenとFlos Florum)。

 彼は、[Breviarium Practicae]を含むいろいろな医学書の作成者でもあります。

 一酸化炭素とまじりけのないアルコールの発見は、彼の業績の一つでした。



「Liber de Vinis」
 最初のワイン本は、「Liber de Vinis」でした。
 主に医学的見地から書かれ、アルノー・ド・ヴィルヌーヴの仕事は、ワインを飲むための話題として人々のためにアドバイスしています。
 「ワインの二日酔い対策には、人々の口と水に浸されるパンを一かじり食べ、3〜4回すすぎます。胃を空腹にしたまま飲まないこと。」
 ワインは、いろいろな医学的な病気、痴呆や静脈洞炎などの治療としても推薦しています。





JUGEMテーマ:ワイン



スポンサーサイト

  • 2020.01.11 Saturday
  • -
  • 13:58
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   


amasake201909.jpg

【 極上ピノ・ノワール6本セット 】

<< 推奨北米加州 >>

HAHN CP

<< 推奨 チリ >>

clos des fous cp.jpg

ANAKENA-rogo

Bisquertt-sbc

<< 推奨アルゼンチン >>
Catena-Zapata-rogo

CHAKANA-rogo

CHACRA-CP

EL ESTECO DON DAVID spc.jpg

BODEGAS SALENTEIN-S-Rogo

VINA COBOS s-rogo

最近の記事

カテゴリー

マイブログリンク

プロファイル

モバイル

qrcode

search this site.

sponsored links

others

powered

みんなのブログポータル JUGEM