[2014] ヴィンテージ入荷中、クラスを超えたチリワイン デスコルチャドス90点: ポール・ホッブス氏監修、アナケナ タマ カベルネ・ソーヴィニヨン おすすめです

ANAKENA headder
ANAKENA TODAY


アナケナ “ タマ ヴィンヤード・セレクション ” カベルネ・ソーヴィニヨン [2014]
   参考税込価格 1,598 円・送料別


 Anakena Vineyarde & Winery Anakena Tama Vineyard Selection CABERNET SAUVIGNON
 生産地:チリ、カチャポアル・ヴァレー
 品 種:カベルネ・ソーヴィニヨン85%、シラー12%、カルメネール3%
 アルコール:14%
 熟 成:13ヶ月
 タイプ:赤、辛口、フルボディ
 味わい:抜栓後1日経過 - ピュアで艶のある酸味が実に綺麗、果実味の旨味を一段と押し上げ、樽由来のモカコーヒー、熟成を感じさせる土、イチジク、ベーコン。 香ばしいスパイスも複雑味を加味させ、フィニッシュにある香味は、美しくエレガント、旨味の輪郭が現れ、チリらしい品性を確立している
 備 考:「 タマ 」 とは、フラグシップの 『 オナ 』 を飲んだ ロバート・パーカー氏が、「 ケース買いすべし 」 と呟いた、『 アナケナ 』 が、手掛けるプレミアム・クラスのカベルネです。 5つのレンジの真ん中にある 「 タマ 」 は、価格 や コスパ と テロワールの表現 や 品質の双方を併せ持った、極めて秀逸なヴァリュー・レンジです。 当カベルネもデスコルチャドス DCCD:90点を獲得、また、チリ最大級の国内品評会 「 ワイン・オブ・チリ・アワード 2014 」 年大会 - タマ [ チリ最優秀アザー・レッド / ベスト・イン・カテゴリー・トロフィー ] を受賞。 ポール・ホッブス氏監修で最も価値あるカベルネのひとつ。 必ず、前日抜栓か、十分な時間をかけたデキャンタージュが必須です。 1,600 円 を切るカベルネとは 思えぬ美味しさが楽しめます。

ANAKENA TAMA VINEYARD SELECTION CABERNET SAUVIGNON





▼ ここから過去記事です。


◆ [DCCD:90点]
  アナケナ “ タマ ヴィンヤード・セレクション ” カベルネ・ソーヴィニヨン [2013]
   参考税込価格 1,717 円・送料別


 Anakena Vineyarde & Winery Anakena Tama Vineyard Selection CABERNET SAUVIGNON
 生産地:チリ、カチャポアル・ヴァレー
 品 種:カベルネ・ソーヴィニヨン85%、シラー10%、カルメネール5%
 アルコール:13.4%
 熟 成:13ヶ月
 タイプ:赤、辛口、フルボディ
 備 考:アナケナには、 5つのレンジがあり、 “ タマ ” は、その真ん中にあります。 これより下のクラスは、価格やコスパが優先され、これより上位になるとテロワールの表現や品質が優先されます。  “ タマ ” は、双方を併せ持った、秀逸なヴァリュー・レンジです。 このカベルネも デスコルチャドス 90点獲得。 また、チリ最大級の国内品評会、 「 ワイン・オブ・チリ・アワード 2014年 」 [ チリ最優秀アザー・レッド / ベスト・イン・カテゴリー・トロフィー ] を受賞。

anakena ONA ENCO


 2011年 9月、ポール・ホッブス氏参画 ポール・ホッブス監修 Value チリ・カベ
 元オーパス・ワンのヘッド・ワインメーカーであり、100点醸造家 ポール・ホッブス氏が監修。
 タマ とは、フラグシップの 『 オナ 』 を飲んだロバート・パーカー氏が、 「 ケース買いすべし 」 と呟いた チリの 『 アナケナ 』 が、手掛けるプレミアム・クラスのカベルネです。 コンサルタントとしてポール・ホッブスし氏を招いた際、同時にワインメーカーとして元 ケンダル・ジャクソン醸造チームの一員だった ギャヴィン・テイラー ( Gavin Taylor ) 氏をも引っ張ってきた 『 アナケナ 』 は、1998年設立の比較的若い造り手ながら、チリで今、最も推進力のあるワイナリーの一つです。 ギャヴィン・テイラー氏のコメント、 「 チリにこのような一貫したプロジェクトがあるとは思いもよらなかった。 最高級の栽培地域にあり、品種の魅力を最大限 引きだせる葡萄畑には、感銘を受けた。 チームは、優秀で、コンサルタントのポール・ホッブス氏の助力を得て、完璧になった。 彼の貢献度は素晴らしいものがある。 」 

アナケナ:Anakena Wines
 1998年、フェリペ・イバネス氏と、幼なじみのホルヘ・ギタレス氏によって設立。 ワイナリーは、アンデスの山麓に広がるラペルヴァレーにあります。 アナケナのオーナー フェリペ・イバネス氏は、チリ国内でシェア30%を占めるスーパーマーケット・チェーン 『 LIDER 』 のオーナー、起業家として知られています。 もう一人のオーナー ホルヘ・ギタレス氏は、1995年まで、「ヴィーニャ・ポルタ」というワイナリーを経営していましたが、幼なじみであるフェリペ氏と、全く新しいコンセプトで、世界に通用する最高のチリワインを造るため売却しています。 アナケナが、掲げるキャッチフレーズが、「チリワインを超えた、チリワイン。すなわちスーパーチリワイン」。 チリワイン界の重鎮、潤沢な資金力、ワイン造りへの情熱と貢献により、ワインラバーに刺激と興奮をもたらし、記憶から忘れ去られない特徴あるチリワインを造り続け、今、チリ国内はもとより、世界の注目を集めています。

 デスコルチャドス DES COR CHA DOS [DCCD:90点]

 テクニカルデータ:Tama Vineyard Selection CABERNET SAUVIGNON 2013
 An expressive and complex Cabernet. A very elegant wine on the nose with notes of truffles, blackcurrant, dark chocolate and coffee. Generous on the palate, with round tannins of great persistence.

 Apellation : Cachapoal Valley
 Composition : 85% Cabernet Sauvignon , 10% Syrah , 5% Carmenere
 Alcohol : 13.4% vol.
 pH : 3.45
 Residual Sugar : 2.34g/L
 Total Acidity : 5.55g/L
 Barrel Ageing : 13months
 ( 参考:anakenawines.cl )

ANAKENA TAMA VINEYARD SELECTION CABERNET SAUVIGNON





ANAKENA headder


アナケナ タマ ヴィンヤード・セレクション カルメネール [2012]
   参考税込価格 1,490 円・送料別


 Anakena Vineyarde & Winery Anakena Tama Vineyard Selection Carmenere
 生産地:チリ、ラペル・ヴァレー
 品 種:カルメネール100%
 タイプ:赤、辛口、ミディアムフルボディ
 合う料理:こってり牛肉料理、バーベキュー、ビーフシチュー

 This Carmenere stands out with a deep purple red color and aromas of plum, black pepper and tobacco, which merge with earthy herbaceous notes. On the palate it is a silky, luscious wine with a very long persistence.

Anakena Tama Vineyard Selection Carmenere





原料葡萄を厳選し、醸造、熟成したもの中から最高品質の樽を選び造られたワイン

アナケナ オナ スペシャル・リザーヴ・レッド [2011]
   参考税込価格 1,944 円・送料別


 Anakena Vineyarde & Winery Anakena ona red blend special reserve
 生産地:チリ、カチャポアル・ヴァレー  
 品 種:カベルネ・ソーヴィニョン55%、カルメネール25%、シラー20%
 格 付:DOカチャポアル・ヴァレー
 アルコール:13.5%
 熟 成:オーク樽、約16ヶ月熟成
 タイプ:赤、辛口、フルボディ
 味わい:完熟プラム、チョコレート、クローブ、干しイチ ジク等の濃厚な香りとパワフルな果実味、柔らかなタンニンと長い余韻が奏でる複雑な味わい
 備 考:パスカル・マーティ氏を醸造コンサルタントに招聘して造られたアナケナ “ オナ ” シリーズのプレミアム・レッドです。

ANAKENA ONA Red Blend SR





アナケナ “ オナ ” スペシャル・リザーヴ ピノ・ノワール [2011]
  参考税込価格 2,722 円・送料別


 Anakena ONA Special Reserve Pinot Noir
 生産地:チリ、D. O. レイダ・ヴァレー Las Brisas Vineyard
 品 種:ピノ・ノワール100%
 アルコール:13.5%
 熟 成:100%フレンチオーク樽、12〜14ヶ月樽熟成
 タイプ:赤、辛口、ミディアムフルボディ
 味わい:アメリカンチェリー、フランボワーズのジャムなどを思わせる果実香、スミレの花、キャンディー、ミルキー、ヴァニラ香、カラメル香、カカオの風味、木質香、発酵食品香など、複雑豊かに香り、口の中に程よい濃縮感のある優しい果実味が広がり、適度な酸、透明感、柔らかく適度なタンニン、メリハリのある味わい、比較的豊かな酸を伴ったバランスの良い余韻を残します
 備 考:アナケナ社のプレミアムワイン “ オナ ” シリーズ、アナケナのロゴ文字が変わり、また、 “ スペシャル・リザーヴ ” と名称も追加され、エチケットも変わり、内容もさらに充実し、豊潤な香りに包まれ、程よい濃縮感のある優しい果実味にバランス良くまとまっています。 前年の2010年産でパーカーポイント WA:90点を獲得しています。

 テクニカルデータ:Anakena ONA Special Reserve Pinot Noir Noir 2011
 ONA Special Reserve : The ONA Tribe were the first inhabitants of Tierra del Fuego, in the Chilean Patagonia. They kept away from civilization for as long as any other indigenous ethnic group, maintaining their spirit intact for centuries. The ONA Special Reserve range from Vi ・a Anakena rescue that courageous and daring spirit, offering wines in accordance to the characteristics of their origin and elegance, refinement and audacity.
 オナ スペシャル リザーヴ:「 チリのパタゴニアで、オナ族は、ティエラ・デル・フエゴの初の住民でした。 彼らは、他のどの土着の人種集団の間の文明にも近づきませんでした。 そして、何世紀もの間、彼らの精神を無傷に保ちました。 とても勇敢で、彼らの起源と優雅さの特徴に一致するワインを提供して、改良と大胆さの勇気ある精神をヴィーニャ・アナケナから解放し、オナ・スペシャル・リザーヴは、変動します。 」

 PINOT NOIR : A delicate, ruby red wine which conveys elegance and complexity in the nose. With fragrant aromas of strawberry, laced with cherry and clove notes. The wine is gentle on the palate and has a persistent finish.

 Apellation : Leyda Valley
 Composition : 100% Pinot Noir
 Alcohol : 13,5 % vol.
 pH : 3,4
 Residual Sugar : 4,32 g/l
 Total Acidity : 5,75g/l
 Barrel Ageing : 12 to 14 months
 SOIL : The vineyard is located at approximately 100 meters (328 ft.) above sea level and around 10 km (6.21 miles) from the Pacific Ocean, a wonderful terroir for cool climate varieties, such as Pinot Noir. The soil is loam to clay-loam in depth, which allows the retention of more humidity in comparison with other vineyards.
 CLIMATE : The weather is coastal Mediterranean with winter rainfalls averaging 400mm (15.7 inches) from June to August. Summers present medium moderate temperatures of 24°C (75.2° F) during the day and 7°C (44.6° F) at night, with important influence from the ocean, allowing a slow maturation of the grapes. This sector is free of springtime frosts, a phenomenon that strongly impacts other cooler valleys from Chile.
 HARVEST : The 2010 - 2011 season was marked by a lower heat build-up in all areas Anakena has vineyard operations. Indeed, there were delays in the growth stages (budburst, flowering, etc.) in all fields and varieties of about one to two weeks. Therefore, the major part of the harvest took place well into the fall, obtaining the maturity level of the grapes that we were expecting with no rainfall during the process.
 Winemaker Notes : This delicate ruby-red Pinot Noir displays elegance and complexity on the nose with fragrant aromas of strawberries intermingled with notes of cherries and cloves. Refined on the palate with a lingering finish. Ideal with mild-flavored meats, pastas, and shellfish.
  ( 参考: anakenawines.cl/ )

アナケナ・ワインズ:ANAKENA WINES
 1998年、フェリペ・イバネス氏と、幼なじみのホルヘ・ギタレス氏によって設立。 ワイナリーは、アンデスの山麓に広がるラペル・ヴァレーにあります。 アナケナのオーナー フェリペ・イバネス氏は、チリ国内でシェア30%を占めるスーパーマーケット・チェーン 『 LIDER 』 のオーナー、起業家として知られています。 もう一人のオーナー ホルヘ・ギタレス氏は、1995年まで、「ヴィーニャ・ポルタ」というワイナリーを経営していましたが、幼なじみであるフェリペ氏と、全く新しいコンセプトで、世界に通用する最高のチリワインを造るため売却しています。 アナケナが掲げるキャッチフレーズは、「チリワインを超えた、チリワイン。 すなわち、スーパーチリワイン」。  チリワイン界の重鎮、潤沢な資金力、ワイン造りへの情熱と貢献により、ワイン愛好家に刺激と興奮をもたらし、記憶から忘れ去られない特徴あるチリワインを造り続け、今、チリ国内 及び、世界の注目を集めています。
 最高級の品質を追求する為、彼らは、世界中のワイン産地を巡り、ワイン造りの文化や技術を吸収し、今日、アナケナ・ワイナリーは、カチャポアル・ヴァレー、サン・アントニオ・ヴァレーのレイダ・ヴァレー と、コルチャガ・ヴァレーのチェロ・ニンケンに畑を所有しています。 当時、ワイン生産地としての レイダと、ニンケンは、ほとんど未知の土地でしたが、初リリースの際だった品質と個性は、世界中のワイン愛好家を驚かせました。 現在、アナケナのワインは、世界32ヶ国に輸出されています。

ANAKENA ONA SR PN




<< アナケナのワインが、数あるチリ生産者の中でもダントツで優れている訳 >>

 「 ワインは、生産された国、人々、土地を体現する酒。」 ── という考えのもと、アナケナは、チリ文化を深く取り入れてきました。 アナケナのイメージは、何世紀も前に、岩や陶器や毛織物に描かれた動物や模様のシンプルでユニークな文化的象徴です。 そのデザインは、ナスカの地上絵や洞窟壁画に描かれた動物からとられ、チリという国が非常に魅力的な文化遺産を持っていることを証明しています。 
 無数に存在するチリのワイナリーの中から良い生産者を見つけるには、他国産や日本のワインにも共通したうまい方法があります。 それは、ワイナリーのフラッグシップとなるプレミアムワインを試飲するのではなく、一番低いランクの テーブル、デイリー、ヴァラエタルワイン ( varietal wine ) を試飲することです。 ヴァラエタルワインは、素のままのワインです。 樽熟成も、アッサンブラージュもしない、単一葡萄品種のもっともシンプルなつくりのヴァラエタルワインには、化粧 ( 樽香などの醸造テクニック ) では、隠しきれない、葡萄果実素材そのものの品質が、ワイン全面 個性 ( テロワール ) に現れます。 通常ワイナリーは、収穫される葡萄の中から品質の良い葡萄のみを、高級で単価の高い樽熟成タイプのワイン用に確保し、それ以外を、ヴァラエタルワインに使用します。 つまり、良いヴァラエタルワインを造るワイナリーは、必然的に良い素材を持っており、したがって、より上位のリゼルヴァ(レセルヴァ)ワインや、ハイエンドのプレミアムワインも、おのずと高いポテンシャルを持っていると、推測できます。 逆に、ヴァラエタルワインに魅力を感じない、感動しない、凡庸なワインであれば、その生産者の上級クラスワインに使われている葡萄も推し計れるものです。 葡萄果実の元々の品質レベルが低い場合、醸造技術や樽熟成が、どんなに優れていたとしても、それは、マイナスファクターを隠す手法でしかなく、結局のところ、良い葡萄は、良いワインに必須となります。 アナケナといえば、 ≪ ヴァラエタルワイン ≫ を専門にし、素のままのワインで世界市場に挑戦し、成功したきたワイナリーです。 他のワイナリーであれば、トップレンジ、フラッグシップ、プレミアム、リゼルヴァ(レセルヴァ)クラス以上でしか 使わないだろう高品質な葡萄を、惜しみなくヴァラエタルワインに使うことで、テーブル、デイリー、日常クラスのワイン品質を圧倒的に底上げし、世界で認められるチリのハイ クオリティ ヴァラエタル ワイン生産者として台頭してきました。 
 ワイン生産地としてのチリの強みは、世界水準と比較しても、極めて高品質の葡萄が、他国ほど努力しなくても得ることができ、栽培コストも比較的に安く抑えられるため、世界的な競争力の中でも十分評価されるヴァラエタルワインが、造られてきたところにあります。 しかし、チリワイン業界内だけを比較してみると、各ワイナリーのヴァラエタルワインには、使用される葡萄の品質にばらつきがあり、そこから生まれるワインにも差が、はっきりと存在します。 そして、ヴァラエタルワインは、何も手を掛けないからこそ、葡萄の品質が見えやすく、ちょっとでも腐敗果や、未熟葡萄、異物などが混入すると、すぐにそれが、ワインに出てしまいます。 アナケナは、ヴァラエタルワイン用に葡萄を選果し、選別し、徹底したこだわりと哲学の下で、ヴァラエタルワインを造って来ました。 他のワイナリーが、何もしないヴァラエタルワインを造っていたところに、最高の葡萄果実によるヴァラエタルワインを、 “ 目指して ” 造りはじめたのですから、チリワイン業界全体が、脅威を感じたことでしょう。 彼らのヴァラエタルワイン戦略には、しっかりした末来予測のできる入念な計画性を見て取れます。 チリで 最も値上がりの激しい葡萄栽培地の所有によって、新たなヴィンヤードを多数購入できるほどのワイナリーに成長し、アンデス山脈側のアルトカチャポアルの地にヴィンヤードを構え、次に、ピノ・ノワールやソーヴィニヨン・ブランの “ バージンランド ” 、 “ レイダ ” 地方 にも広大な土地を購入、 “ ニンケン ” と 呼ばれるコルチャグアのプレミアムワイン生産地でも栽培を始めています。 こうした畑で栽培される葡萄を使ったヴァラエタルワインは、クリーンで、ジューシー、葡萄の生命力をそのまま潰して飲んでいるような、力強さとフレッシュ感に溢れています。 普段飲みでこれほど上質な葡萄によるワインを飲めるのは、素直に幸せなことです。  チリワイン愛好家としてだけではなく、ブラインドで偏見無く飲み比べれば、葡萄果実の上質優良さは、明らかにボルドー、ブルゴーニュ、北米の同価格帯ヴァラエタルワインを超えています。 ただし、アナケナのワインを飲むにあっては、二つの注意点があります。 ひとつは、ヴァラエタルワインは、リリース直後の 新しいヴィンテージのワインを飲んでほしいです。 リリース直後が、一番若々しく、フレッシュな状態が、ヴァラエタルワインの特徴だからです。
 もう一つは、ヴァラエタルワインの上の、リゼルヴァ(レセルヴァ)、そして、 “ ONA ” シリーズを、試飲して欲しいです。 少なくとも、バラエタルで使われる葡萄よりも高品質のものを使っていることが、間違いのない “ ONA ” シリーズなどは、シンプルでストレートな味わいながら、透明感、クリーンさの虜となるワインになっています。 しかも、クオリティは、プレミアムなのに、2,000円前後の価格と、驚異的です。 良いワインを造るには、醸造や樽熟成に傾注するより、まず、純粋に良い葡萄を栽培すれば、優れたワインが造れるのだ、と お手本として証明するようなワインです。
 ノンオーク・ド・ヴァラエタルワインの真髄は、ただ、葡萄を潰して発酵させることにあります。 それ以外の、人為的手段を用いない葡萄100%のワインを造ることです。その理念は、潔い葡萄品質至上主義です。 チリの高級航空路線でアナケナのワインが、再び採用されました。 オナのレッドブレンド と ホワイト・ブレンドが、3年連続でアンタークティカ・プライマリー・エアクルーズ社のオフィシャルワインに選ばれました。 それから、アナケナは、チリで最初にルイ・ラトゥール社の樽をブルゴーニュから取り寄せることができました。 高級ピノ・ノワールのアペラシオンから取り寄せたこれらの樽は、同じ品種を熟成させるための特注品です。 セルヒオ・クアドラ氏と彼の率いるチームは、レイダのラス・ブリサス・ヴィンヤードからチリ最高のピノ・ノワールを造るべく、全力を注いでいます。



アナケナ エンコ ピノ・ノワール [2012]
  参考税込価格 947 円・送料別


 Anakena Enco Reserve Pinot Noir
 生産地:チリ、D. O. レイダ・ヴァレー
 品 種:ピノ・ノワール
 アルコール:13%
 熟 成:100%フレンチオーク樽、6ヶ月樽熟成
 タイプ:赤、辛口、ミディアムボディ
 味わい:アメリカンチェリーのジャム、プラムなどを思わせる果実香、燻し香、僅かに青い茎、キャンディー、すみれの花などの香り、口の中に優しい旨味、豊かな果実味、酸が比較的穏やか、旨味の要素がより素直に伝わり、タンニンは、柔らかく尖ったところは無く、優しくチャーミングな旨味、後味に優しい果実の旨味と僅かに苦味の要素が、余韻に残り、カリフォルニアのピノ・ノワールに近いイメージ
 備 考: 「 エンコ 」 とは、チリの川の名前です。 二つの湖をつなぐ川で周囲には、美しい景観が広がります。 かつて、チリの文明が繁栄した場所です。

 ENCO Reserve : Enco Reserve is inspired by the Pre Columbian cultures of the southern part of Chile, which inhabited rivers and lakes that present a unique and captivating beauty. These landscapes inspire the search of Vi ・a Anakena to offer fine and unique wines, characteristic of our land and its privileged conditions to craft fine wines.

 PINOT NOIR : This ruby red Pinot Noir features complex and intense aromas of strawberries, cherries, and cloves with a touch of green tea. Smooth and lush on the palate, with a lingering finish. Ideal with white meats, risotto, and pork.
  ( 参考: anakenawines.cl/ )

Anakena Enco Reserve Pinot Noir





アナケナ デウ シングルビンヤード ピノ・ノワール [2011]
  参考税込価格 1,620 円・送料別


 ANAKENA “ DEU ” SINGLE VINEYARD 2011
 生産地:チリ、D. O. レイダ・ヴァレー、「 デウ:DEU 」という単一葡萄畑
 品 種:ピノ・ノワール100%
 アルコール:13.5%
 熟 成:100%フレンチオーク樽、6ヶ月樽熟成
 タイプ:赤、辛口、ミディアムボディ
 味わい:ルビーレッド、凝縮した複雑なアロマ、チェリーやラズベリー、薔薇のヒント、口内でバランスがよくシルキー、とても滑らかな口当たりに仕上がり
 備 考:雑誌ワイン王国 { 59号 2008VT , 66号 2010VT } 5ッ星獲得です。 イースター島の伝説、カモメが生む宝の卵が、密かに隠されていたのがアナケナ窟。 この卵を探しに、毎年勇敢な男たちが、遠い海を島まで泳ぎました。 見事卵を見つけ無事に持ち帰った者は、 “ バードマン ” の称号が与えられ、名誉と財を手にしました。 葡萄造りとって 恵まれたこの土地の発見より、遙か昔から伝わる伝説を、アナケナ社は、ブランドラベルに取り入れました。 象形文字は、古来より伝わり、アナケナワイン一つ一つを識別するのに役立っています。
 2010ヴィンテージは、「 CAVEN 」という単一葡萄畑。

anakena-pino-single-WOBT


ANAKENA SINGLE VINEYARD





Anakena-headder


第2回 「日本で飲もう最高のワイン 2012」 赤フルボディ部門
専門家「プラチナ」/愛好家「ゴールド」獲得


◆ [WA:90点] アナケナ オナ ピノ・ノワール [2010]
  参考税込価格 1,850 円・送料別


 Anakena Ona Pinot Noir Noir
 生産地:チリ D. O. レイダ・ヴァレー Las Brisas Vineyard
 品 種:ピノ・ノワール100% ( 2010ヴィンテージよりピノ・ノワール100%
 アルコール:13.5%
 熟 成:100%フレンチオーク樽、12〜14ヶ月樽熟成
 タイプ:赤、辛口、フルボディ (販売店ではミディアムボディとしていますが、 “ 日本で飲もう最高のワイン ” コンペでは、フルボディとしています)
 味わい:乾燥イチジク、チェリー、スパイスの複雑な香り、口当たりは、滑らか、花のような風味、バランスが良く取れていて余韻も長い、ジャミーな優しい果実の旨みを素直に表現、カリフォルニアのピノに近いブル・ピノテイストです

 テクニカルデータ Anakena Ona Pinot Noir Noir 2010
 · Soils : The vineyard is located at approximately 100 meters (328 ft.) above sea level and around 10 km. (6.21 miles) from the Pacific Ocean, a wonderful terroir for cool climate varieties, such as Pinot Noir. The soil is loam to clay-loam in depth, which allows the retention of more humidity in comparison with other vineyards.

 · Climate : The weather is coastal Mediterranean with winter rainfalls averaging 400 mm (15.7inches) from June to August. Summers present medium moderate temperatures of 24°C (75.2° F) during the day and 7°C (44.6° F) at night, with important influence from the ocean, allowing a slow maturation of the grapes. This sector is free of springtime frosts.

 · Harvest : Harvest 2010 was influenced by the “Ni ・o” effect –that is the warming of the Pacific Ocean current– with higher temperatures in the ocean, and an inland effect of more rains during winter. The grapes were hand-picked and the best ones were carefully selected for the final wine.

 · Winemakers Notes : A delicate, ruby red Pinot Noir which conveys elegance and complexity in the nose. With fragrant aromas of strawberry, laced with cherry and clove notes. The wine is gentle on the palate and has a persistent finish. Delicious served with tuna fish, risotto or pasta. Recommended serving temperature: 14 - 16 ・C.

 Apellation:Las Brisas Vineyard (Leyda Valley)
 Composition:100% Pinot Noir
 Alcohol:13.5% vol.
 pH:3.53
 Residual Sugar:4.30 g/l
 Total Acidity:4.99 g/l
 Barrel Ageing:12 to 14 months (100% of the wine / 40% New Barrels)
 ( 参考:anakenawines.cl/ )

 パーカー・ポイント WA:90点
 「 Fans of Pinot Noir should consideer buying this by the case
  ピノ・ノワールのファンなら、これをケースで買うことを考えるべきです 」


 レヴューの中には、
 「ウィリアム フェーブルのピノ・ノワール・グランキュヴェ 2008 よりブルゴーニュっぽいニュアンスが強いです。」
 と、よりブル・ピノテイストに近いピノ・ノワールのようです。 ケース買いして長期熟成もお試し下さい。

 『 ワイン王国 』 48号:アナケナが見開きで紹介
 「 葡萄のクオリティをそのまま表現したかのような素直な味と、嫌味の無い複雑さ、熟成さ が同居するワインは、まさに 『 アナケナ・スタイル 』 としか言いようが無い程 個性的。 ニューワールド嫌いの頑固な原理主義者が、このワインを口にして考えを改める瞬間を目にしたことも1度や2度ではない、 トラディショナルな風格 」

アナケナ:Anakena Wines
 1998年、フェリペ・イバネス氏と、幼なじみのホルヘ・ギタレス氏によって設立。 ワイナリーは、アンデスの山麓に広がるラペルヴァレーにあります。 アナケナのオーナー フェリペ・イバネス氏は、チリ国内でシェア30%を占めるスーパーマーケット・チェーン 『 LIDER 』 のオーナー、起業家として知られています。 もう一人のオーナー ホルヘ・ギタレス氏は、1995年まで、「ヴィーニャ・ポルタ」というワイナリーを経営していましたが、幼なじみであるフェリペ氏と、全く新しいコンセプトで、世界に通用する最高のチリワインを造るため売却しています。 アナケナが、掲げるキャッチフレーズが、「チリワインを超えた、チリワイン。すなわちスーパーチリワイン」。 チリワイン界の重鎮、潤沢な資金力、ワイン造りへの情熱と貢献により、ワインラバーに刺激と興奮をもたらし、記憶から忘れ去られない特徴あるチリワインを造り続け、今、チリ国内はもとより、世界の注目を集めています。

Anakena ONA Pinot Noir-2010






☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
▼URL「Wine Rank Best 30」
http://winebeer.jugem.jp/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



JUGEMテーマ:ワイン


スポンサーサイト

  • 2020.01.11 Saturday
  • -
  • 05:25
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック


amasake201909.jpg

【 極上ピノ・ノワール6本セット 】

<< 推奨北米加州 >>

HAHN CP

<< 推奨 チリ >>

clos des fous cp.jpg

ANAKENA-rogo

Bisquertt-sbc

<< 推奨アルゼンチン >>
Catena-Zapata-rogo

CHAKANA-rogo

CHACRA-CP

EL ESTECO DON DAVID spc.jpg

BODEGAS SALENTEIN-S-Rogo

VINA COBOS s-rogo

最近の記事

カテゴリー

マイブログリンク

プロファイル

モバイル

qrcode

search this site.

sponsored links

others

powered

みんなのブログポータル JUGEM