プリンセス・プリシパル 10、11話 理想を貫くなら、大人の作戦(任務)を無効にすべし 「 プリンセス暗殺命令 」 - いよいよ最終章へ

ファーム(スパイ養成所)の回想シーンまであるのに、?


今回の任務:
 ターゲットに表の情報を指示し、
 二人のスパイ(ドロシーとアンジェ)に、現地で合流して君たちで判断せよ
との命令だけれども、
 「今回の作戦で奪取する機密書類は、海軍卿の居城の中にある」
 この機密書類とは何か?
 彼女(委員長)が、二重スパイかどうか(裏切っているかどうか)を確かめる事
 二重スパイの証拠もなければ、委員長が二重スパイになった経緯シーンもない
 委員長が動いた(逃げた)ことぐらい。
 しかし、後ろ暗い事とは、いったい何か?さっぱり推測できない。
 二重スパイと思われるのは、麻薬注射を打っていたようなシーンがあるだけ
 委員長は、アンジェを直接打たなかった(殺さなかった)。
 委員長は、今のアンジェを、「スキだらけよ」 と言っていたが、
 委員長自身は、同期を射殺できない、情け深いスパイとしか言いようがない。

 この時点で、面白満点なスパイアニメが、
 つじつまのあわない理不尽なスパイアニメになり下がった予感がする。
 結末をショートカットし、簡略化しすぎたか? 
 後出しトリックは、面白くない、緻密性に欠ける。
 
 列車の中で、委員長がドアを開けながら
 「 遅かったわね 」
 と言った、けれども いったい誰を待っていたのか?
 コントロールの ・・・・ L か?

 ドアを開けたら、ドロシーがそこにいた。

 委員長、
 「・・・・でも、もう疲れちゃった」

 ドロシー、
 「へたな息抜きをしてはめられたのか? それとも、」

 委員長、
 「どっちもよ」
 
 Lは、移動となり、Lに代わって、
 ジェネラルから、次の任務が提示された、
 「これだ、プリンセスを殺してもらう」

 チェンジリング作戦は、どうなってしまったのか? 
 プリンセスを女王に据えると言うあの約束は、反故にされてしまったのか?
 ジェネラルは、本当に同盟側の人物か ( それとも、ノルマンディー公のスパイか )?

 Lは、同盟側に入り込んだ帝国側( ノルマンディー公 )の二重スパイを探っていた
 のではなかったのか?

 Lは、はめられたのか? それとも、L自身が、
 ノルマンディー公( 帝国 )側の二重スパイだったのか?

 ノルマンディー公の二重スパイは、セブンか?大佐か?
 と言う場合もあるが、いづれにしても、鵜呑みで、命令を聞く訳にはいかない状況だから、
 何らかの方法で、アンジェは、裏を取る行動に出るだろう。
 おそらく、その探索過程で、ノルマンディー公の真の二重スパイを炙り出すだろう。

 チェンジリング作戦を、プリンセス暗殺 に作戦変更した訳は、おそらく、
 プリンセスの願いが、二重スパイに筒抜けと見るのが妥当、
 ノルマンディー公の介入によって、作戦が変更され、彼にとっての邪魔者
 プリンセスを消すことに他ならないと推察できるだろう。

 追記、2017/09/18

 第11話の冒頭で、アンジェが、

 「 私は、 クロトカゲセイジン よ。 」

 クロトカゲセイジン とは、「 レプテリアン
 
 のことか?
 悪魔崇拝者、ブラック・イルミナティ、帝国主義、王侯貴族、超富裕層による
 世界統一、人類支配を目論む666の黙示録を暗示しているのだろうか?

 海外の陰謀説に登場する、ヒト型爬虫類、レプテリアン。 「 レプタイル・エリート 」 という言葉の発端、元BBCのスポーツライター、自称 " 神の子 " デイヴィッド・アイク氏の1999年著作 『 大いなる秘密 』 から出てきた。
 アメリカのロックフェラー、ドイツのロスチャイルド、ビル・クリントン( ヒラリー・クリントン もビルよりも高い地位のレプティリアン )、バラク・オバマ、ブッシュ父子、イギリスのウィンザー家( 王朝 )などの有名な一族 や アメリカ大統領も同類。 ウィンザー家( House of Windsor )の元の家名( 王朝名 )は、サクス=コバーグ=ゴータ家( House of Saxe-Coburg-Gotha )、 ヴィクトリア女王の夫( 王配 )アルバートの英語家名だった。 アルバートは、ドイツのザクセン=コーブルク=ゴータ公 エルンスト祇い梁子だが、この家系からは、ベルギー、ブルガリア、ポルトガルの王家も出ている。 本家の家名をさけて、王宮のあるウィンザー城にちなんでウィンザー家と改称。
 なお、公式的には、クロトカゲセイジン の「 黒蜥蜴 」 と言う言葉は、江戸川乱歩の長編探偵小説 『 黒蜥蜴(くろとかげ) 』 の作中に登場する女性盗賊の俗称から引用されているそうだが、はたしてその女盗賊のように、アンジェの体にも アルビオン王国の女王の血筋を示す “ 黒いトカゲの刺青 ” でもあるのだろうか?



puripuri10-1.jpg

puripuri10-2.jpg

puripuri10-3.jpg
感情を押し殺し、反応のないフリーズした表情
 


 イギリスのワインと言えば、スパークリングワインが上質です。

ナイティンバー プルミエ キュヴェ ブラン・ド・ブラン [1998]
  参考税込価格 7,020 円・送料別


 Nyetimber Vineyard
 生産地:イングランド南部、ウエスト・サセックス
 品 種:シャルドネ100%
 アルコール:12.5%
 タイプ:発泡性、白、辛口
 味わい:フレッシュな白い花、ライム、ホワイト・グレープ・フルーツの香り、スパイスやバニラの香り、トースト香、シトラスや酸味の後に、ローストしたナッツの複雑な味わい、クリーミーな泡が、口あたりのバランスと満足感を与えます
 備 考:英国王室御用達スパークリングワイン。 2009年G20サミットのディナー・パーティで使用。 2009年度世界シャルドネ大会 金賞、2009年度IWSC 銀賞、2006年度IWSC 銀賞受賞

 IWC ( international wine challenge ) - National Trophy 2016 Results
  England - 2009 Nyetimber Limited Blanc de Blancs : English Sparkling Trophy

NYETIMBER PC 1998.jpg




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
▼URL「Wine Rank Best 30」
http://winebeer.jugem.jp/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆





<< | 2/509PAGES | >>

purihari3bai-葡萄樹液.jpg

【 世界のピノ・ノワール5本セット 】

<< 推奨北米加州 >>

hahn-rogo

<< 推奨 チリ >>

CLOS DES FOUS rogo.jpg

ANAKENA-rogo

Bisquertt-sbc

<< 推奨アルゼンチン >>
Catena-Zapata-rogo

CHAKANA-rogo

CHACRA-CP

EL ESTECO DON DAVID spc.jpg

BODEGAS SALENTEIN-S-Rogo

VINA COBOS s-rogo

最近の記事

カテゴリー

マイブログリンク

プロファイル

モバイル

qrcode

search this site.

sponsored links

others

powered

みんなのブログポータル JUGEM